サービス(樹、緑、森、エネルギー)

里山再生・運営

21世紀環境立国戦略では、この先わたしたちの国を襲うであろう「資源枯渇」「地球温暖化」「生態系の破壊」の3つの危機が示され、これらに対応した、めざすべき社会の形として、「資源循環社会」「低炭素社会」「環境共生社会」が挙げられています。
その中、環境共生社会を象徴する日本モデルとして、“里山”が取り上げられ、その概念は、“SATOYAMAイニシアティブ”として世界に発信されました。
“里山”は、ほかの国に類を見ない、わが国特有の「人と自然との共生モデル」です。
1990年代初めから、環境的側面から“里山”に注目し、その再生・運営に取り組んできたわたしたちは、その知見を活かし、生態系、生物多様性、環境教育などの分野にもその展開を図っています。

再生した里山“トヨタの森”での環境教育風景
再生した里山“トヨタの森”での環境教育風景
希少種“シデコブシ”の生息環境保全
希少種“シデコブシ”の生息環境保全
周辺森林とともに湿地を再生
周辺森林とともに湿地を再生