トータルソリューション

森林の利活用

管理計画立案から植林、伐採、活用までのサービスを
ワンストップで提供。

山林トータルサービスとは

地方創生において、森林資源の利活用は重要な取組であり、特に中山間地における林業は、経済を発生させる手段の柱となっていることも多いです。その一方で、過疎化・高齢化により、山林への無関心化、林業事業の継承、現代に適合した山林活用の方法や販売方法の模索などが課題となっています。これらの課題を以下の手法により、お客様と一緒に検討し、解決していきます。

森林の利活用

提供するサービス

  1. ビジョン・企画立案
    • お客様に代わって管理方針を策定、森林施業の計画を立案。
    • 自治体の森林基本計画・林業振興計画立案支援。
    • 造林、伐採、路網整備、獣害対策など作業方法の提案。
  2. 調査・分析
    • 現場調査、長期的な資源・収穫予測のための基礎データ収集。
    • 森林GIS構築、航空写真判読、LiDARデータ解析などによる、樹種・林齢・林相・施業履歴など山林情報の解析と地図情報の一元化。
  3. 整備・管理・施業
    • 作業計画の管理と実行、現場での作業管理・指示。
  4. 機械化・IT化支援
    • タワーヤーダーなど林業機械の導入支援。
    • 山林の特性に合わせた機械の新規開発。
    • 山林管理ソフトの導入、お客様向けオリジナル管理ソフトの開発。
  5. 広報活動支援
    • 自治体・山林所有者などに向けた広報物の作成(Web・紙媒体)。
  6. 山林資源の製品化・販売・流通支援
    • 山林資源を活用した事業提案・造材方法の提案。
    • 住友林業グループのネットワークを活かした資源の流通・販売。
    • バイオマス燃料としての活用支援。
  7. その他山林経営コンサルティング・支援
    • 山林経営全般に対する提案・アドバイス・作業支援。
    • 山林所有林の境界確定、山林整備に向けた小口所有者との合意形成支援。
    • 各種基金などへの申請支援、行政と山林経営者の連携支援。

期待される効果

  • 300年以上にわたる住友林業グループの山林経営ノウハウを活かした包括的なサービスで、地域・山林所有地ごとの課題を解決。
  • 機械化・IT化、山林資源の流通・販売ルートの確立、事業化の推進などにより、効果的・継続的な山林経営が実現。

サービス事例

森林資源の管理や利活用、また森林を利用したビジネスを検討されている方々からの
ご相談をお待ちしております。