国産材の積極活用(住友林業の森林経営)

森林再生とは? 森林のCO2吸収機能 国産材の有効活用
住友林業の森林経営

国産材の積極活用は、国内林業と山村に関わる地域社会の活性化をもたらし、間伐などの森林整備も進んでいきます。また、木々の成長も促進され、地球温暖化の原因となっているCO2の吸収も増加されます。「京都議定書」では、森林が吸収するCO2を削減目標に算入してよいと決まっていますが、適切な維持・管理が行われている森林によるCO2の吸収に限るというルールがあり ます。間伐などが行われていない森林の吸収は削減量としてカウントされません。日本が世界の約束を守るためにも、将来安心して暮らせる社会を実現するためにも、国産材を積極的に使うことが求められているのです。

国土の約1000分の1(約 40,000ha )の広さに相当する住友林業の社有林では、「保続林業」の理念のもと施業計画を策定しています。健全な森林を育てる上で欠かせない間伐を計画的に行い、環境保全に配慮したサステナブルな森林経営を推進するとともに、国産材の有効活用を図っています。これらの結果、住友林業の社有林は年間約 25万トンものCO2を吸収しています。(平成17年度)

(※)間伐:木々の生長に伴って混み過ぎた林の立木を間引きのため伐採すること。

企業・IR・CSR情報

ページの先頭へ戻る