ニュースリリース(2013年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2013年11月29日

~住友林業社有林の四季、サステナブルな森の力を表現~
2014年 オリジナルカレンダーを 30名様にプレゼント
応募締め切り:2013年12月13日(金)
【応募は締め切らせて頂きました。たくさんのご応募をありがとうございました。】

  住友林業株式会社(社長:市川 晃・本社:東京都千代田区)は、社有林の四季折々を撮影した2014年オリジナルカレンダーを製作し、ご応募いただいた方の中から抽選で30名の方々にプレゼントします。

  弊社は、創業320余年の歴史の中で、「森」を育てることによって、「木」の素晴らしさと自然の恵みの大切さを学んでまいりました。当カレンダーでは、北海道から九州に広がる約4万3,000ヘクタール(国土の約1/900)の社有林の四季それぞれの姿を表現しています。

  2014年のカレンダーは、住友林業の社有林の四季の姿、ダイナミックな山々をとらえ、光輝く情景を通じて、森と木に支えられ生きる人々の幸福をイメージして撮影・製作しました。年齢や性別を問わず、多くの方々に、森や木、自然環境の大切さを、カレンダーを通して感じていただきたいという願いを込めています。それぞれの社有林をよく知るカメラマンが森の一瞬の表情をとらえ、力強さと雄大さを表現しています。

  弊社は、2006年9月、社有林全山で日本独自の森林認証制度である「SGEC(緑の循環認証会議)」の認証を一括取得しました。天然林と人工林が混在する森をまとまった面積で所有管理し、作業計画、長期計画など持続可能な森林を目指す適正な管理を実施していることが評価され、本認証の取得に至っています。さらに近年は、長年の山林経営で培った山林管理技術を活かし、地方自治体や民間企業が保有する山林の管理受託事業や、海外における植林コンサルティング事業、バイオマス発電等の環境エネルギー事業にも取り組んでいます。

  住友林業グループでは、「再生可能で人と地球にやさしい自然素材である「木」を活かし、『住生活』に関するあらゆるサービスを通じて豊かな社会の実現に貢献する」企業姿勢のもとサステナブルな社会の実現にむけ取り組みを続けてまいります。

  住友林業「2014年オリジナルカレンダー」プレゼントの詳細は、下記の通りです。

<<記>>

◆プレゼント商品 住友林業「2014年オリジナルカレンダー」
カレンダーの体裁 A2サイズ(タテ610mm/ヨコ425mm、8貢・表紙含む)
    <<写真>>
社有林所在地 撮影
1~2 北海道 紋別市 伊藤 健次 氏
3~4 和歌山県 田辺市 高嶋 義雄 氏
5~6 愛媛県 新居浜市 高橋 毅 氏
7~8 鹿児島県 伊佐市 長野 良市 氏
9~10 和歌山県 田辺市 高嶋 義雄 氏
11~12 愛媛県 新居浜市 高橋 毅 氏
◆プレゼント数 30名様(応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。)
◆応募方法 応募は締め切らせて頂きました。たくさんのご応募をありがとうございました。


7月~8月デザイン
<<住友林業「2014年オリジナルカレンダー」>>

<本件に関するお問い合わせ先>
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 山内・大西
TEL 03-3214-2270

企業・IR・CSR情報