ニュースリリース(2015年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2015年08月27日

バッグメーカーのエース株式会社とのコラボレーション企画
住む人を見守り、もしもの時に家族を守る防災バッグを提供
全国の展示場・ショールームにも設置

  住友林業株式会社(社長:市川晃 本社:東京都千代田区 以下、住友林業)は、エース株式会社(社長:森下宏明 本社:東京都渋谷区、以下、エース)とのコラボレーション企画として防災バッグを制作し、「住友林業の家」をご契約いただいたお客様へ期間限定で提供することといたしましたのでお知らせします。防災の日を迎える9月、備えることの大切さを再認識し、防災への意識を高めるとともに安心・安全の家づくりを訴求します。

  安心・安全の住まいを提供し住む人の暮らしを守る住友林業と、鞄のトップブランドであるエースが、両社の知見を統合し、防災バッグを提供いたします。エースは、国内外で品質の高いバッグを製造販売するとともに、東日本大震災、新潟県中越地震等の大規模災害時に義捐金や学童向けスクールバッグを寄贈するなど、数多くの被災地支援の実績を持っています。当社においても、災害公営住宅の建築等を通して被災地への支援に取り組んでおります。最新の建築技術と木の良さを融合し、住む人とともに成長し、家族の歴史を見守る確かな品質の木の住まいを提供する住友林業とエースは防災の大切さを再認識し、住む人を見守るという視点から、この度の共同企画となりました。

  本防災バッグは、住友林業のグループ会社で木質建材製造事業を行なう住友林業クレスト(社長:吉岡義寛 本社愛知県名古屋市 住友林業100%出資)が製造するオリジナル玄関収納に設置します。玄関収納に合わせて、しまいやすく、取り出しやすいデザイン・機能・サイズを検討しました。また、万一の際の持ち出し時には、家族の誰もが使いやすいリュック型とし、燃えにくくかつ軽量ながらも丈夫な素材で作られたバッグとしています。住友林業の全国の展示場、ショールームに設置し、防災に対する社員の意識を高めるとともに、来場されたお客様へも実物をご覧いただきながら今回の取り組みをわかりやすく説明し、“もしもの時に、もしものカバン”としてハウスメーカーとバッグメーカーならではの防災バッグを提供いたします。

■防災バッグ概要

大きさ 縦380㎜×横300㎜×幅180㎜
素材 耐水性に優れ、且つ防炎加工を施し燃えにくくしたターポリン素材
その他 住友林業の全国展示場、ショールームに設置

■期間限定ご提供先

2015年9月に「住友林業の家」をご契約いただいたお客様

本防災バッグの購入希望のオーナーの皆様に対しては、今後、住友林業のオーナーサイト「クラブフォレスト」の通信販売にて対応する予定です。
 住友林業は、今後も家族の暮らしを守り、住む人の安心・安全を確保する家づくりを提案してまいります。

以上

《本件に関するお問い合わせ先》
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 佐藤・森永
TEL 03-3214-2270

《お客様からの商品に関するお問い合わせ先》
住友林業株式会社 住宅事業本部 営業推進部
TEL:0120-21-7555

企業・IR・CSR情報