ニュースリリース(2016年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2016年03月30日

業界初の試み「色認識」でキャラクターが出現するアプリを開発
楽しむ機能と、家づくりをサポートする機能を、スマートフォン等に搭載

  住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は、お客様とのコミュニケーションツールとして当社独自のスマートフォン用アプリケーション「きこりんアプリ」を開発。このたび3月31日に公開しますのでお知らせいたします。

  同アプリケーション(以下、アプリ)には、色認識によって当社グループのオリジナルキャラクター「きこりん」が出現する機能をもつ"きこりんカメラ"と、「住友林業の家」の実例写真を検索・閲覧できる"実例コレクション"の2つのコンテンツを搭載。大人も子供も楽しく気軽に使用していただける新しいコミュニケーションツールとして開発しました。
  "きこりんカメラ"には、コンピュータ-の仮想情報を付加する「AR機能※1」を採用しており、スマートフォン等のカメラ機能で「緑色」を認識すると、画面上に「きこりん」が出現します。この色認識機能を活用したARアプリの開発は住宅業界初※2の試みとなります。
  また"実例コレクション"は、「住友林業の家」をすでに建築されたお客様宅の内外観写真や、その家に込められた想い、こだわり等を気軽に検索・閲覧することができる会員専用アプリで、住宅購入検討者等の家づくりをサポートします。
  また今後は、同コンテンツを住友林業グループの情報発信プラットフォームとして有効活用してまいります。

※1 AR : Augmented Reality(拡張現実)の略。コンピューターを利用して、現実の風景に情報を重ね合わせて表示する技術のこと。

※2当社調べ (2016/3/24時点) 


住友林業グループのオリジナルキャラクター
「きこりん」

(1) きこりんカメラ

  スマートフォンなどを使って、身近にある「緑色」をカメラ機能で写し出すと「きこりん」が画面に出現し、利用者と「きこりん」が一緒に写真が撮れる、大人から子供まで楽しめるアプリです。
<主な機能>
・撮影した写真をそのままSNS等に投稿することが可能。
・カメラが認識した「緑色」の面積や位置により、"きこりん"の出現サイズや動きが異なる機能付き。

(2) 実例コレクション

  会員登録者に限定したアプリで、「住友林業の家」の実例写真をスマートフォン等で気軽に閲覧できます。数多くの建築写真と設計ポイントの解説などを提供することで、理想の家づくりをサポートします。
<主な機能>
・一邸ごとに、設計やデザイン、仕様部材などこだわりを閲覧。
・外観やリビング、ダイニング、キッチン、子ども部屋など、部屋別のカテゴリーで閲覧が可能。
・お気に入り機能への保存。
・選択した邸宅が掲載されたカタログの検索と注文が可能。

■推奨環境

※注記

AndroidについてはOS以外にも以下を推奨環境として設定します。
端末:公開日から直近2年以内に発売されている端末
メモリ:端末に 1GB以上のメモリを搭載
CPU:デュアルコアCPU 1.2GHz 以上
液晶:32bit カラー画像の表示に対応した端末
(稀に 16bit カラーしか表示できない端末があり、透過PNGなどが綺麗にレンダリングされないことがあります)
なお、上記の条件を満たした端末でも、端末メモリの空き容量が少ない状況、使用している回線の状況によって表示・作動しない可能性があります

以上

《リリースに関するお問い合わせ先》
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 大西・小川
TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報