ニュースリリース(2017年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2017年11月06日

注文住宅の暮らしやすさを集約した1,000プランから選ぶ
セレクトスタイル商品「Forest Selection BF (フォレスト セレクション BF)」 新発売

 

 住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は11月10日、セレクトスタイル商品「Forest Selection BF」を発売します。約30万邸の「住友林業の家」のノウハウをもとに、仕様、プランを厳選。1,000プラン、5つのインテリアスタイル、4つの建物外観の中からお客様の要望にぴったりの1邸を選べる商品です。

 はじめて住まいを取得する一次取得者層、共働き世帯、子育てを終えて二人暮らしの住まいを計画する夫婦等幅広いお客様に向けて提案します。忙しい毎日の限られた時間の中で満足いく家づくりをスムーズに行なって頂くために、注文住宅の自由設計で培った多彩なプランと人気の高い仕様、設備を搭載しフルセットで提案します。豊富な選択肢の中からお客様のニーズやライフスタイルに合わせて提案する本商品をセレクトスタイル商品と銘打って、年間1,000棟の販売を目指します。

 

■商品特徴

①約30万邸の注文住宅の実績から生まれた厳選1,000プランを提案

 東西南北の玄関位置から平屋・2階建て住宅の1,000の間取りを用意。家族構成、住まい方、ライフプランに合わせてお客様それぞれの理想の住まいを実現します。注文住宅のノウハウを活かし、家事動線、収納計画を工夫して暮らしやすさにつながる間取りを集約しています。価格設定は坪単価50万円台後半からプランごとにわかりやすく提案します。

 

②5つのインテリアスタイル提案

 5つの樹種をベースに5タイプのインテリアをコーディネート。お客様が自分の好みのスタイルをイメージしやすく、楽しみながら家づくりを進めていただく提案です。

  • スタイル1

・あたたかみのあるチェリーの床にナチュラルな北欧のスタイルをコーディネート

  • スタイル2

・深みのあるウォルナットの床にシンプルなものとヴィンテージなものを組み合わせスタイリッシュに演出

  • スタイル3

・オークホワイトの床に映える都会的でスタイリッシュな大人のフレンチスタイルをイメージ

  • スタイル4

・華やかなチークの床にリゾートのくつろぎをコーディネート

  • スタイル5

・オークナチュラルの床に匠の家具等、伝統的な日本の要素を取り入れ落ち着いた雰囲気を演出

③4タイプの外観バリエーション提案

 建物外観のカラーはホワイト、ベージュ、グレー、ブラックの落ち着いた4色をベースとして、シンプルですっきりとしたデザインを提案します。

デザイン1

 1階から2階に連なる垂直ラインの窓枠をアクセントとしたスタイリッシュな外観

デザイン2

 ホワイト・ベージュのベースカラーに玄関まわりの木調外壁などをアクセントとして組み合わせたデザイン

デザイン3

 連窓による大開口サッシをアクセントとしたシンプルな外観

デザイン4

 バルコニーや窓廻り にモールディングを施し縁取ることアクセントとしエレガントな印象を作る外観

 

 

④キッチン、バス、洗面化粧台等注文住宅で人気の仕様を設定

 注文住宅の中で特に人気の高い仕様、設備を設定しています。いつまでも美しく保ちたいキッチン・バスルーム、すっきり片付く理想の収納など使いやすく美しい設備をそろえました。システムキッチンは、汚れや熱に強く、カウンターの継ぎ目や排水口まわりの隙間がない一体成形の人造大理石のワークトップ。掃除がしやすくお手入れが簡単にできる点が特徴です。水滴が簡単に拭き取れ、凹凸がない一体成形カウンターの洗面化粧台は、汚れや水あかが溜まりにくく水廻りを清潔に保てます。

 鍋やフライパンなどの調理器具、調味料のストック等をしっかり効率よく収納できる充実のキッチン収納。インテリアの一部として部屋に溶け込む壁収納、天井までの高さを確保した書棚、家族全員の靴をしっかり整理できるトールタイプの玄関収納等ほしい場所にほしい収納を使いやすくプランニングしています。

 外装は30年間メンテナンス不要の高い耐久性を持つオリジナル耐候性仕様「LS30」を採用。キーを取り出さずに簡単に施解錠できる電池錠を新規採用するなど安心の家づくりです。

 

 

⑤当社独自のビッグフレーム(BF)構法で将来的な間取り変更にも柔軟に対応

 住まいの基本性能を決める構造部分(スケルトン)と暮らしに合わせて配置する内装・設備部分(インフィル)を分けて設計するスケルトン・インフィルの考え方に基づいた住まいです。「BF構法」の住宅用に改良した可変性に優れた間仕切壁のSI間仕切壁で、子どもの誕生、成長、独立などお客様のライフスタイルの変化に対応します。

 SI間仕切壁は天井材や床仕上げ材施工後に専用の受け材を用いて固定するため、通常の間仕切壁に比べ取付け・取外しが容易です。住まい手や住まい方の変化にフレキシブルに対応し、自由な空間構成を可能とするこの構造は、永く住み継ぐことのできる資産価値の高い住まいを実現します。

 

■商品概要

・商品名

Forest Selection BF(フォレスト セレクション BF)

・発売日

2017年11月10日

・販売エリア

全国(沖縄除く)

・構造

ビッグフレーム構法(一部エリアはマルチバランス構法)

・本体価格

3.3㎡あたり58万円  (施工面積40.6坪のモデルケース)

・販売目標棟数

1,000棟/年 

 

■背景

  国土交通省が実施した2016年度住宅市場動向調査によると世帯主の年齢は、注文住宅(新築)と分譲戸建住宅、分譲マンションで30歳代が最も多く、注文住宅(建替え)とリフォーム住宅では60歳代が5割程度と最も多くを占めています。世帯主の年齢を1次取得者(初めて住宅を取得した世帯)・2次取得者(2回目以上の取得となる世帯)別に見ると、一次取得者の中で注文住宅(建替えを除く)の世帯主は30歳代が48.9%と約半数を占め、30歳未満の13.6%と合わせると30歳代以下で全体の約6割を占めています。2015年度は30歳代51.8%、30歳未満13.5%、2014年度は30歳代52.4%、30歳未満13.1%と大きな変化はなく推移してきています。2次取得者の世帯主年齢では、特に注文住宅(建替えを除く)は60代以上の割合が50.6%と半数以上を占めており、直近の数年この傾向は継続しています。60代は退職や子どもの独立等ライフスタイルが変化するタイミングで住宅について検討していることがわかります。

 

 また、内閣府の男女共同参画白書(平成28年版)の「共働き世帯推移」によると、1980(昭和55)年以降夫婦共に雇用者の共働き世帯は年々増加しています。1997(平成9)年以降は共働き世帯数が男性雇用者と無業の妻からなる世帯数を上回り、約6割を超えています。

 

 このような状況を背景に本商品を発売します。注文住宅のノウハウを活かし暮らしやすさを集約した1,000プランをもとに、敷地条件、家族構成、予算、理想の住まい方等お客様の暮らしに合う1邸を提案します。

 

以上

リリースに関するお問い合わせ先

住友林業株式会社 

コーポレート・コミュニケーション部 佐藤・中田

TEL:03-3214-2270

お客様からの商品に関するお問い合わせ先

住友林業株式会社

住宅事業本部 営業推進部

TEL:0120-21-7555

企業・IR・CSR情報