CSR情報

住友林業グループの事業とCSR

住友林業のCSRの原点

1894年から始まった「大造林計画」。 別子銅山に森林を再生させたこの計画こそ、 私たちのCSRの原点です。
住友林業が大切に守り伝えてきた「住友精神」。それは天下・国家・社会・国民全体のためになる事業に取り組むという「自利利他公私一如」の考え方であり、目先の利益にとらわれず、長期的な視点を持って経営にあたる姿勢です。公正、信用を重んじ、確実を旨とする住友の事業精神は、社会からの確かな信頼の源となっています。
1691年、愛媛県別子銅山の開坑とともにその銅山備林の経営を担ったのが住友林業の始まりです。銅山経営にあたって、建築用、坑道の坑木や銅の精錬のための薪炭用として不可欠な木材。しかし、19世紀末の別子銅山では、永きにわたる過度な伐採と煙害によって周辺の森林が荒廃の危機を迎えていました。当時の別子支配人・伊庭貞剛は、「国土の恵みを得て事業を続けていながら、その国土を荒廃するに任せておくことは天地の大道に背く。別子全山をあをあをとした姿に返さねばならない」と考え、1894年、失われた森を再生させるため「大造林計画」を開始しました。試行錯誤を繰り返し、多い時には年間200万本を超える大規模な植林を実施した結果、やがて山々は豊かな緑を取り戻すことができたのです。
この「国土報恩」の精神に基づく持続可能な森林経営こそ、住友林業の事業活動、そしてCSR(企業の社会的責任)活動の原点です。

ページの先頭へ戻る

住友林業グループの事業

近年、地球環境問題や社会問題が顕在化し、社会は大きな方向転換を迫られています。住友林業グループは、国内外で森林経営や木材・建材の製造・流通、住宅の建築・販売など、住生活に関するあらゆるサービスを通じて豊かな社会の実現に貢献する企業として、社会の課題解決に向けて大きな役割を担っていると考えています。

資源環境事業

保続林業の理念のもと、約4万6,000ヘクタールの広大な国内社有林で計画的な森林経営を展開するほか、木材の供給と林業の活性化に取り組んでいます。また、海外でも約23万ヘクタールの植林地で持続可能な植林事業を推進。生物多様性の保全や地域社会の発展に貢献しています。多様化する森林管理に関するニーズに対応するコンサルティングも、国内外で提供しています。

木材建材事業

国内売上高No.1の木材・建材商社として、木材・建材の調達から製造、流通まで幅広い事業を展開。また住宅資材の物流を合理化・効率化する納材システムを資材メーカー、流通店、住宅会社などに提供しています。国内外のネットワークを活かした調達力と機能提案力で、多種多様なニーズに応える高品質な木材・建材の安定供給を実現しています。 インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、タイ、アメリカ等に拠点を設け、高品質で環境に配慮した木質建材を製造。日本のほか、経済成長とともに需要増加が見込まれる新興国への供給を強化しています。

海外住宅・不動産事業

アメリカ・オーストラリアでは、安定的な人口増加と住宅需要が見込める地域において、住宅事業および住宅関連事業を推進し、さらなる事業規模の拡大に努めています。また、アジア地域においては幅広い住宅需要の成長が期待できるため、積極的に事業を拡げ、既存事業との相乗効果を図ります。

住宅事業

木の魅力と特性を活かし、先進的な構法を採用した「住友林業の家」は、木造注文住宅のトップブランド。環境にやさしく、長く住み継ぐことのできる快適で安心・安全な住まいとして高い評価を得ています。また、注文住宅で培った設計力を活かし、洗練された外観と木質感あふれる室内、木ならではの心地よさを提案する賃貸住宅も提供しています。

ストック事業

住宅に対する価値観がフローからストックへと変化する中、既存の住まいの価値を高めるリフォーム事業やリノベーション事業などを展開。戸建住宅だけでなく、マンション、店舗に至るまで、より長く安心して暮らせるよう、さまざまなサービスを提供しています。

緑化事業

住宅、街並み、オフィスビル、都市空間、さらには里山など、さまざまなシーンで最適な緑化を提案。生物多様性、持続可能性の視点で企業の環境緑化もサポートしています。コンサルティングから企画・設計、施工、メンテナンスまで総合的に対応しています。

木化事業

国の政策として注目される木材の新たな消費の拡大に向けて、これまで少なかった非住宅の中大規模建築の木造化、また内装などの木質化を推進しています。木への好意度が高い医療・教育・商業施設の分野での建築を通じて、人々が木を感じられる機会を増やし、新たな木の文化の創造を目指しています。

まちづくり事業

木に関わる幅広い事業で培ったノウハウをもとに、住友林業ならではの新しいまちづくりを展開しています。空間設計から植栽、住まい方まで、グループの総合力を結集して、地域の自然や文化と調和する戸建分譲住宅をトータルプロデュース。住む人とともに育てていくまちづくりを通じて、豊かな暮らしの実現に貢献しています。

生活サービス事業

超高齢社会を迎えたわが国で地域に根ざした高齢者向け介護施設やデイサービスを運営しているほか、農業関連製品を生産・販売するなど、人々の生活に寄り添う多様な事業を展開。常に豊かな暮らしに貢献する新たなサービスの創出に注力しています。

環境エネルギー事業

木質資源や自然エネルギーを活用したエネルギー事業の推進に取り組んでいます。建築廃材や林地の未利用木材を燃料とする木質バイオマス発電は、現在、国内4カ所の施設に参画し、環境に配慮したエネルギーの供給と森林資源の有効活用に貢献しています。

海外製造事業

インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、タイ、アメリカに拠点を設け、高品質で環境に配慮した木質建材を製造、日本のほか、経済成長とともに需要増加が見込まれる新興国への供給を強化しています。

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報