CSR情報

重要課題2: 事業活動における環境負荷低減の推進

基本的な考え方

気候変動による影響が世界で深刻化する中、企業には地球温暖化対策として、温室効果ガスの排出削減が求められています。
住友林業グループでは、住宅事業や木材建材製造事業を営んでおり、環境への影響を考慮し、事業活動における温室効果ガス排出量の削減に取り組んでいます。また、環境負荷の低減と資源の有効利用を図るため、産業廃棄物の発生抑制・再利用・リサイクルを推進しています。

ページの先頭へ戻る

CSR中期計画の進捗とSDGs

現状の課題認識
および基本戦略
評価指標 2016年度
目標
2016年度
成果

2017年度
目標
2020年度
目標数値






SDGs7
SDGs11
SDGs12
SDGs13
SDGs15
自社グループにおけるCO2排出削減 オフィス部門(国内外連結会社) CO2総排出量2013年度比増減率 4.8%削減
総排出量
33,746t-
CO2
7.8%削減
総排出量
32,660t-
CO2
7.2%削減
総排出量
32,887t-
CO2
7%削減
総排出量
32,959t-
CO2
住友林業(国内オフィス) 8.1%削減 13.9%削減 13.3%削減
国内関係会社(オフィス) 3.1%削減 0.9%削減 1.3%削減
海外関係会社(オフィス) 5.6%増加 0.7%削減 3.4%増加
クタイ・ティンバー・インドネシア(インドネシア) 生産量原単位前年度比増減率 1.9%削減 3.1%増加 0.9%削減 2015~2020年度平均原単位年1%以上削減
ヴィナ・エコ・ボード(ベトナム) 2.2%増加 5.4%削減 7.4%削減
アスト・インドネシア(インドネシア) 0.9%増加 16%増加 8.5%削減
アルパイン MDF・インダストリーズ(オーストラリア) 4.6%増加 10.6%削減 3.3%増加
ネルソン・パイン・インダストリーズ(ニュージーランド) 0.4%削減 0.7%削減 2.7%増加
リンバ・パーティクル・インドネシア(インドネシア) 18.3%削減 15.8%増加 10.1%削減
自社グループ以外(製品・サービス提供先)におけるCO2排出削減 太陽光発電システム(kW
(国内流通拠点の取扱数)
6,371kW
(1,356セット)
3,717kW
(791セット)
3,355kW
(714セット)
10,951kW
(2,330セット)
新築戸建注文住宅におけるグリーンスマート対象棟数率
(受注時グリーンスマート対象棟数/受注棟数)
70.0% 61.6%第三者保証マーク 70.0% 80.0%
新築戸建注文住宅におけるグリーンスマート・ZEH仕様対象棟数率
(着工時グリーンスマート・ZEH仕様対象棟数/着工棟数)
6.0% 21.3%第三者保証マーク 35.0% 80.0%以上
  • ※ 2015年度および2016年度目標までは補助金対応ZEH物件のみ対象としていた(補助金申請の予定がない物件は、ZEH適合判定を行っていない)。2016年度の期中より、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)でZEH物件の登録管理が可能となったため、全棟の実績値をSII基準で把握することに変更した。なお、2020年目標もこの基準に基づき見直している。
  • 達成度評価について
  • 目標達成:◯ 目標比70%以上:△ 目標比70%未満:✕
現状の課題認識および
基本戦略
評価指標 2016年度
目標
2016年度
成果

2017年度
目標
2020年度
目標数値






SDGs11
SDGs12
ゼロエミッションの達成 新築現場におけるリサイクル率 91.5% 92.5%第三者保証マーク 92.0% 98.0%
リフォーム工事等におけるリサイクル率 74.1% 76.2%第三者保証マーク 79.4% 80.0%
産業廃棄物の発生量の削減 新築現場から発生する産業廃棄物の削減率(2013年度比) 17.6%削減 8.8%削減 26%削減 30%削減
売上原価原単位 2014年度比増減率 3.7%増加 2.6%削減 3.5%削減 2%以上削減
  • ※ 国内製造工場における社内売上の原価
  • 達成度評価について
  • 目標達成:◯ 目標比70%以上:△ 目標比70%未満:✕
「事業活動における環境負荷低減の推進」取り組みによる経済効果
効果の内容 効果(百万円)
収益 有価売却費 35
費用節減 省エネルギー取り組みに伴うコスト削減額
※ガソリン価格の変動分を含む
544
廃棄物削減取り組みに伴うコスト削減額 65
合計 644
  • 達成度評価について
  • 目標達成:◯ 目標比70%以上:△ 目標比70%未満:✕

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報