CSR情報

住宅の安全・品質管理

住宅事業における製品安全・品質管理に関する基本方針

住友林業では、「社会的資産」となる長寿命で高品質な住宅を普及させることが、豊かな社会づくりのために重要な役割であると考えています。こうした考えのもと、住宅事業においては「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が2009年6月に施行されたことを機に、2009年度に製品安全・品質管理に関する基本方針を策定しました。

住宅事業の製品安全・品質管理に関する基本方針

  1. 安心して住むことができる建物の基本性能の向上
  2. ライフスタイルの変化に応じて住まいを楽しむことができる空間の可変性の向上
  3. 長期にわたる維持管理をサポートするメンテナンスプログラムの充実
  4. 現場不具合情報の把握と迅速な対処方法の情報共有

ページの先頭へ戻る

住宅事業における製品安全・品質管理体制

住友林業では、「長期優良住宅※1」の認定条件※2をすべて最高等級(「住宅性能表示制度※3」の評価を適用)でクリアすることを、「住友林業の家」の標準仕様として設定。商品開発から施工、アフターサポートにいたる製品安全・品質管理体制を確立することで、高品質でトータルバランスに優れた住まいを提供しています。また、お客様の安心・安全、そして資産価値向上につなげるために、「住宅性能表示制度」の利用を積極的に推進しています。 2015年度における住宅性能表示制度の実施率※4は、設計性能評価で98.6%(前年度97.7%)、建設性能評価で97.3%(同94.9%)となり、長期優良住宅の認定取得率は92.7%(同91.2%)となりました。

  • ※1 長期優良住宅:ストック型社会の実現に貢献する住宅の普及を目的にした国土交通省が定める長寿命住宅の認定制度
  • ※2 戸建住宅では住宅性能表示制度に基づき、耐久性、耐震性、メンテナンス性、省エネルギー性などを評価
  • ※3 住宅性能表示制度:お客様が客観的に住宅の品質・性能を判断できるよう、第三者機関が設計時の「設計性能評価」と建設完了時の「建設性能評価」を提供するしくみ。評価項目は「構造の安定」「火災時の安全」「劣化の軽減」「温熱環境」など10分野
  • ※4 住宅事業本部における増改築を含む戸建住宅の全着工棟数に対する申請数比率(2015年4月1日~2016年3月31日の設計・建設性能評価申請が対象)
住宅性能表示制度の実施率
  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
設計性能評価 98.2% 98.9% 100.6% 97.7% 98.6%
建設性能評価 87.6% 91.0% 95.4% 94.9% 97.3%
長期優良住宅認定取得率
  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
長期優良住宅認定取得率 85.1% 88.4% 90.7% 91.2% 92.7%
長期優良住宅の基準と「住友林業の家」の標準性能
認定の種別 認定の条件 住友林業の家の標準性能
耐久性 長持ちする
家であること
劣化対策等級 最高等級3
定期的な点検を可能とする措置
最高等級3に対応
耐震性 地震に強い
家であること
耐震等級 2以上 最高等級3に対応
メンテナンス性 メンテナンス
しやすい家であること
維持管理対策等級 最高等級3 最高等級3に対応
省エネルギー性 省エネ
な家であること
断熱等性能等級 最高等級4 最高等級4に対応
  • ※ 等級の数字が大きくなるほど評価は高くなる

製品安全・品質管理のしくみ

商品開発
  • 消費者ニーズやオーナーアンケートをもとに開発する商品開発の企画を、定期的に開催する「商品戦略委員会」で討議
  • 住宅事業本部と筑波研究所が共同で実証棟実験や試作品検証を行い、保証内容に至るまでお客様の声を活かした商品づくりを推進
商品開発

商品戦略委員会

設計
  • 契約時と実施設計段階において、独自システムを使用して意匠・構造をチェック
設計

専属の設計士が担当

資材調達
  • すべての資材について毎月1回実施する「部材採用会議」でデザインレビューを実施。筑波研究所と部材採用会議が定めた採用基準・品質基準をクリアしていることを部材ごとに確認
  • 2カ月に1回開催する「品質向上委員会」において、新規採用部材に関する情報を共有するとともに、既存採用部材の改善策を討議。2015年度は8件のテーマについて、進捗状況を報告・討議
施工管理
  • 独自の現場管理システムによって、各建物の施工情報、工程管理、品質管理、安全管理の最新情報を一元的に管理・共有
  • 基礎・構造・木工事完了・竣工など各現場作業者、協力施工業者管理者、工事監理者が、工事現場においてチェックポイントを検査し、施工管理記録書によって検査管理を実施。さらに、検査・管理状況を本部検査部門がチェック
施工管理

施工管理

アフターサポート
  • 住宅のお引渡し後20年間にわたって定期点検を実施。20年目以降は10年ごとに有料点検を、30年保証システム適用のお客様で20年目に保証を延長した場合は25年目に無料点検を実施
  • リフォームを含むメンテナンス提案、メンテナンス履歴管理などを通じてお客様をサポートする「ロングサポートシステム」を構築
定期点検

定期点検


リフォーム
  • 「性能評価カルテ」に基づき、既存建物と計画建物における耐震・断熱・バリアフリーの性能等級を数値化し、どのように性能等級がアップしたかをお客様に提示
  • 耐震補強などに使用するオリジナル部材は筑波研究所で性能や信頼性を検証
性能評価カルテ

性能評価カルテ

リノベーション(買取再販)
  • マンションの耐震性や劣化状況を診断するため、建設当時の設計図書を確認し、構造審査や鉄筋確認、コンクリート強度測定などの検査を第三者調査機関と連携して実施。検査結果にもとづき、適切な大規模修繕工事を行うことで建物の長寿命化を図るとともに、販売時に検査結果・工事内容をすべて開示
  • 独自の保証書発行、「あんしん既存住宅売買瑕疵保険」の付保、お引渡し後1年目の定期巡回など、サポート体制を整備
リノベーション前

リノベーション前

リノベーション後

リノベーション後

ページの先頭へ戻る

住宅事業における安全性・快適性の向上

住友林業は、耐震・耐火・断熱性能、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)、経年劣化対策やユニバーサルデザインなど、さまざまな面から住宅の性能を高めることで、お客様が永く安心・快適に暮らせる住まいを提供しています。

安全性・快適性の向上 住宅に対するニーズ

耐震性・耐久性の向上

  • 新築住宅では、住宅性能表示制度の「構造の安定(地震などに対する強さ)」において、最高等級の「耐震等級3」を標準仕様に
  • リフォームでは、オリジナル耐震技術「スミリンREP工法」などで耐震評点1.0※1以上の耐震補強を行った上で、「制震ダンパーS型」を設置する、「耐震・制震ダブル工法」(2013年度グッドデザイン賞を受賞)を提案

防犯性の向上

  • 住宅性能表示制度の「防犯」に基づき、敷地調査・設計段階から防犯対策を提案

火災時の安全性確保

  • 木の良さを活かしながら、防耐火性能を確保
  • 「省令準耐火構造※2」を標準仕様とした商品を拡充し、適合数を拡大

劣化軽減、設備の維持管理への対応

  • 住宅性能表示制度の「劣化軽減」「維持管理」において、それぞれの最高等級を標準仕様に

ユニバーサルデザイン

  • 「3次元動作解析装置」「視線追尾解析装置」などを活用し、人間生活工学にもとづいた研究を推進。ユニバーサルデザインに配慮した住宅を提案

空気環境の保全

  • シックハウス症候群の原因と指摘されているVOC(揮発性有機化合物)について、厚生労働省のガイドラインを下回ることと定め、禁止化学物質についても別途規定
  • 木材、建材、断熱材、接着剤などについてはホルムアルデヒドの放散量がもっとも少ない「F☆☆☆☆」の製品を採用。家具、照明、カーテンなどのインテリア提案においても「F☆☆☆☆」の製品を推奨
  • ※1 耐震評点1.0:震度6の揺れに対して「一応倒壊しないレベル」
  • ※2 独立行政法人住宅金融支援機構が定めたもので、建築基準法が定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造

筑波研究所に多目的大型炉を設置した検証棟を新設

住友林業は、筑波研究所に、防耐火試験用の多目的大型炉を設置した検証棟を建設し、2016年1月に竣工しました。
本検証棟は、耐火に関する技術開発を目的とした試験体の製作および加熱試験を行うための施設です。最大で幅2.5m×長さ4mの水平部材、または幅3.5m×高さ3.5m鉛直部材の試験体など大型部材の燃焼実験が可能となり、大規模建築物における木材の利用促進、木造住宅・木造建築物のさらなる発展に貢献していきます。
また、本検証棟の建設は、国土交通省の推進する「平成26年度 木造建築技術先導事業」に採択されており、住友林業では6例目の採択事業です。

検証棟外観

検証棟外観

検証棟多目的大型炉

検証棟内部(多目的大型炉)

既存のモルタル外壁を利用した耐震補強工法を開発

リフォームにおいて、建物の内部を解体せずに、既存住宅のモルタル外壁を利用して、住まいの耐震強度を高める新たなオリジナル耐震補強技術 (ReFo・Mo・Wall 工法)を開発。本工法は、(一財)日本建築防災協会の技術評価を取得しています。

モルタル外壁耐震補強ネットの仮押さえ

モルタル外壁耐震補強ネットの仮押さえ

モルタル外壁耐震補強ベースシートの施工後

モルタル外壁耐震補強ベースシートの施工後

進化するビッグフレーム構法

住友林業では、従来より耐火住宅商品の提供を行ってきましたが、2015年4月にビッグフレーム構法(BF構法)の耐火・耐震性能を向上させ、防耐火面の規制が厳しい地域でも4階建てまで建築が可能な戸建住宅商品「BF-耐火」と、賃貸住宅・賃貸併用住宅商品「ForestMaison(フォレストメゾン)BF-耐火」を発売しました。
BF構法は、大断面集成柱「ビッグコラム」とジョイント金物による「メタルタッチ接合」で、強靭な構造躯体と開放的な居住性を実現する当社オリジナル構法です。「BF-耐火」「ForestMaison(フォレストメゾン)BF-耐火」では、ジョイント金物を従来の本数から増やすことで、「ビッグコラム」の1.5倍の構造性能を実現した「ツインボルトコラム」を新たに採用しています。さらに「ビッグコラム」を2列並べた「ダブルコラム」を加え、全3種類のコラムを適材適所に配置することで、設計制約の多い敷地条件においても快適でゆとりのある居住空間を可能とし、これまで以上に自由度が高い多彩な住まいを提供しています。

「BF-耐火」4階建てプラン

「BF-耐火」4階建てプラン

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報