JHOP / 物流インフラ事業 / バイオマス発電
時代をリードする新たな取り組み

バイオマス発電

次世代エネルギー事業 バイオマス発電

木質チップを用いたバイオマス発電事業
年間12万トンのCO2削減

次世代エネルギー事業 バイオマス発電

木質チップを用いたCO2フリーの発電事業を行う「川崎バイオマス発電」事業は、住友共同電力と、フルハシEPO、当社の3社による共同事業として計画を開始しました。2011年2月より営業運転を開始。私たちは本事業を通じて、木材のリユース・リサイクルを促進し、森林資源の効率的な利用・環境保護を図り、地球温暖化防止に貢献してまいります。

木材・建材事業TOP
  • 木材流通事業
  • 建材流通事業
  • 製造事業
  • 住友林業の3つの力
  • 時代をリードする新たな取り組み
  • 広がるパートナーシップ

国内営業拠点のお問い合わせ一覧