住友林業の家

商品紹介テクノロジー
住友林業 >注文住宅・一戸建て住宅(ハウスメーカー) >マイホーム購入のための資金計画 >

中古住宅の取得で適用金利が一定期間引き下げになる【フラット35】リノベ

コラム

中古住宅の取得で適用金利が一定期間引き下げになる【フラット35】リノベ

今回のテーマは、2016年10月に取扱いが始まった住宅金融支援機構の【フラット35】リノベです。

【フラット35】リノベとは、性能向上リフォームにより住宅性能を向上させた「リフォーム中古住宅」を取得する場合に利用する【フラット35】の適用金利を一定期間引き下げる制度です。
このコラムをご覧の皆様の多くは、新築住宅の取得をお考えの方かもしれませんが、中古住宅を取得する際に有効な【フラット35】リノベの制度もご参考にお読みください。

【フラット35】リノベには、当初10年間の金利が引き下げになる【フラット35】リノベ(金利Aプラン)と、金利の引き下げ期間が当初5年間の【フラット35】(金利Bプラン)があります。
【フラット35】の借入金利からの引き下げ幅は、2016年10月1日から2017年3月31日までの申込受付分は年▲0.6%です。

【フラット35】リノベを利用するための中古住宅の条件は、【フラット35】(金利Aプラン)、【フラット35】(金利Bプラン)にそれぞれに6つの適合基準があります。
この基準のいずれか1つ以上を適合させる「省エネルギー性」、「耐震性」、「バリアフリー性」、「耐久性・可変性」についての性能向上リフォームを取得する中古住宅に行うことが条件になります。

  • 【フラット35】リノベ(金利Aプラン)の適用基準
    1. 認定低炭素住宅・・省エネルギー性
    2. 一次エネルギー消費量等級5の住宅・・省エネルギー性
    3. 性能向上計画認定住宅(建築物省エネ法)・・省エネルギー性
    4. 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3の住宅・・耐震性
    5. 高齢者等配慮対策等級4以上の住宅・・バリアフリー性
    6. 長期優良住宅・・耐久性・可変性
  • 【フラット35】リノベ(金利Bプラン)の適用基準
    1. 耐熱等性能等級4の住宅・・省エネルギー性
    2. 一次エネルギー消費量等級4以上の住宅・・省エネルギー性
    3. 耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上の住宅・・耐震性
    4. 免震建築物・・耐震性
    5. 高齢者等配慮対策等級3以上の住宅・・バリアフリー性
    6. 劣化対策等級3以上で、かつ維持管理対策等級2以上の住宅・・ 耐久性・可変性

ここからは、全期間適用金利が変わらない【フラット35】と融資実行から一定期間、適用金利が引き下げになる【フラット35】リノベ (金利Aプラン)と【フラット35】リノベ(金利Bプラン)では、総返済額がどのくらい違うのかを、借入額3,000万円、借入期間35年、適用金利は、融資率90%以下が1.03%、融資率が90%超が1.47%(2016年11月において取扱金融機関が提供する最も多い【フラット35】の金利)を例に比較してみます。

1. 【フラット35】リノベ(金利Aプラン)で適用金利の割引期間が当初10年間のケース

融資率が90%以下の場合(概算)

  適用金利 毎月の
返済額
総返済額
フラット35 全期間 1.03% 8.6万円
3,575万円
フラット35リノベ
金利Aプラン
当初
10年間
0.43% 7.7万円
3,407万円
11年目
以降
1.03% 8.3万円

【フラット35】リノベ(金利Aプラン)で軽減できる総返済額
(①-②)168万円

融資率が90%超の場合(概算)

  適用金利 毎月の
返済額
総返済額
フラット35 全期間 1.47% 9.2万円
3,840万円
フラット35リノベ
金利Aプラン
当初
10年間
0.87% 8.3万円
3,666万円
11年目
以降
1.47% 9万円

【フラット35】リノベ(金利Aプラン)で軽減できる総返済額
(①-②)175万円

借入金額が90%以下で【フラット35】を使った場合の毎月の返済額は、8.6万円です。
【フラット35】リノベ(金利Aプラン)を利用した場合は、当初10年間は毎月の返済額が、7.7万円、11年目以降は、8.3万円になります。
35年間の総返済額では、【フラット35】リノベ(金利Aプラン)のほうが168万円少なくなります。
借入金額が90%超で【フラット35】を使った場合の毎月の返済額は、9.2万円です。
【フラット35】リノベ(金利Aプラン)を利用した場合は、当初10年間は毎月の返済額が、8.3万円、11年目以降は、9万円になります。
35年間の総返済額では、【フラット35】リノベ(金利Aプラン)のほうが175万円少なくなります。

2. 【フラット35】リノベ(金利Bプラン)で適用金利の割引期間が当初5年間のケース

融資率が90%以下の場合(概算)

  適用金利 毎月の
返済額
総返済額
フラット35 全期間 1.03% 8.6万円
3,575万円
フラット35リノベ
金利Bプラン
当初
5年間
0.43% 7.7万円
3,484万円
6年目
以降
1.03% 8.4万円

【フラット35】リノベ(金利Bプラン)で軽減できる総返済額
(①-②)91万円

融資率が90%超の場合(概算)

  適用金利 毎月の
返済額
総返済額
フラット35 全期間 1.47% 9.2万円
3,840万円
フラット35リノベ
金利Bプラン
当初
5年間
0.87% 8.3万円
3,746万円
6年目
以降
1.47% 9.1万円

【フラット35】リノベ(金利Bプラン)で軽減できる総返済額
(①-②)95万円

借入金額が90%以下で【フラット35】を使った場合の毎月の返済額は、8.6万円です。
【フラット35】リノベ(金利Bプラン)を利用した場合は、当初5年間は毎月の返済額が、7.7万円、6年目以降は、8.4万円になります。
35年間の総返済額では、【フラット35】リノベ(金利Bプラン)のほうが91万円少なくなります。
借入金額が90%超で【フラット35】を使った場合の毎月の返済額は、9.2万円です。
【フラット35】リノベ(金利Bプラン)を利用した場合は、当初5年間は毎月の返済額が、8.3万円、6年目以降は、9.1万円になります。
35年間の総返済額では、【フラット35】リノベ(金利Bプラン)のほうが95万円少なくなります。

【フラット35】は、もともと借入時の返済額が返済期間中は変わらないので、借入後に返済額のアップを気にすることなく安心して利用できる住宅ローンですが、金利優遇の恩恵が受けられる【フラット35】リノベの場合は、返済額の負担も少なくできます。
この金利優遇制度は、予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、そこで受付が終了となります。

なお、【フラット35】リノベの利用条件等をさらに詳しく知りたい方は、住宅金融支援機構のホームページをご覧ください。

資金計画
コラム
自己資金の準備
土地・建物以外に必要な諸費用
住宅ローン選択のポイント
返済計画
住宅ローンの見直し
その他の知識
カタログ請求はこちらから
資金計画に関するお問合せはこちらから
資金計画用語集
よくあるご質問