住友林業 >注文住宅・一戸建て住宅(ハウスメーカー) >マイホーム購入のための資金計画 >

中古住宅の購入代金とリフォームの資金が一緒に借りられる【フラット35】(リフォーム一体型)

コラム

中古住宅の購入代金とリフォームの資金が一緒に借りられる【フラット35】(リフォーム一体型)

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利の住宅ローン【フラット35】には、通常の【フラット35】以外に【フラット20】、【フラット50】や【フラット35】(子育て支援型)、【フラット35】(地域活性型)、など住宅ローンを利用する人の特性に応じて、タイプの異なる住宅ローン商品があります。

今回はその中の一つで、中古住宅の購入資金とリフォーム工事の資金が1つの住宅ローンで借入できる【フラット35】(リフォーム一体型)を取上げてみました。

【フラット35】(リフォーム一体型)は、申込できる要件や、選択できる返済期間の要件、返済期間中の適用金利、所定の要件を満たす場合は、【フラット35】S(※1)、【フラット35】リノベ(※2)を利用することができるなど利用条件は通常の【フラット35】と同じです。

(※1)【フラット35】Sは、取得する住宅が耐震性や省エネルギー性などの優良住宅の条件に適合している場合は、【フラット35】の適用金利を融資実行時から一定期間引き下げる制度です。

(※2)【フラット35】リノベは、性能向上リフォームにより住宅性能を向上させた「リフォーム中古住宅」を取得する場合に利用する【フラット35】の適用金利を融資実行時から一定期間引き下げる制度です。

以下は、【フラット35】(リフォーム一体型)を利用する場合に、通常の【フラット35】と異なることで、押さえておきたいポイントです。

  1. 通常の【フラット35】は、借入できる金額の上限(資金使途)は「新築住宅の建設・購入資金または中古住宅の購入資金」までですが、【フラット35】(リフォーム一体型)は、「中古住宅の購入及び中古住宅購入価と併せて行なうリフォーム工事に必要な資金」が上限になります。
  2. リフォーム工事の内容、リフォーム工事の金額や割合には制限がありません。
  3. 適用金利を決める際の融資率は、中古住宅の購入価格とリフォーム工事費の合計額に対して【フラット35】(リフォーム一体型)の借入額が占める割合で算出されます。
  4. 【フラット35】(リフォーム一体型)の資金の受取(融資実行)は、中古住宅の購入後に行われるリフォーム工事の完了した後です。
  5. リフォーム工事の完了後の融資実行の前に、中古住宅の購入資金が必要な場合は、融資実行までの期間、【フラット35】(リフォーム一体型)を利用する金融機関で「つなぎ融資」を利用します。
    ※「つなぎ融資」を利用する場合は、取扱金融機関ごとに決められた利用期間中の利息と手数料を負担します。
  6. 通常の申込書に加えて、【フラット35】(リフォーム一体型)専用の申出書とリフォーム工事費の金額が確認できる資料が必要になります。
  7. リフォーム工事の実施前の中古住宅の現況について、【フラット35】の技術基準への適合状況を適合証明機関の事前確認を受けます。
  8. 【フラット35】(リフォーム一体型)は、「既存住宅売買瑕疵保険」への付保が原則として必要になります。
  9. リフォーム工事の実施後に「適合証明検査」受けます。
    金融機関の融資実行はこの「適合証明検査」に合格した後です。

以下は、一戸建て等の中古住宅を購入してリフォーム工事を行った場合の一般的な手続きの流れです。

  • 【フラット35】(リフォーム一体型)を取り扱っている金融機関に借入の申込みをします。
  • 申込みをした金融機関から借入審査の結果が通知されます。
  • 購入する中古住宅が【フラット35】の技術基準に適合しているかの事前確認を受けます。
  • 「既存住宅売買瑕疵保険」が必要な場合は付保します。
  • この時点で中古住宅の購入代金の決済が必要な場合は、借入の申込みをしている金融機関の「つなぎ融資」を使います。
  • 「つなぎ融資」を使う場合は、金融機関から提示された「手数料」と「つなぎ融資期間の利息」を支払います。
  • リフォームをする中古住宅の工事計画の確認を受けます。
  • 中古住宅のリフォームが始まります。
  • 中古住宅のリフォーム工事が完了します。
  • 中古住宅のリフォーム工事完了後に「適合証明監査」を受けます。
  • 【フラット35】(リフォーム一体型)を利用する金融機関から借入金が振り込まれます。(融資実行)
    「つなぎ融資」で中古住宅の購入代金を先に受取っている場合は、リフォーム工事の代金のみが振り込まれます。
  • リフォーム工事の代金を工事業者に支払います。
  • リフォーム工事後の住宅に入居します。
  • 【フラット35】(リフォーム一体型)での住宅ローンの返済が始まります。
    (返済開始時の借入金額は、中古住宅の購入代金+リフォーム工事の代金です)

今回のテーマは、【フラット35】(リフォーム一体型)でした。
「中古住宅を購入して、その後に自身の希望にあわせたリフォームをしたい」+「住宅ローンの返済は一本にしたい」。
このような資金計画をお考えの方は参考にしてください。

なお、以下は2018年6月時点で【フラット35】(リフォーム一体型)を取り扱っている金融機関が掲載されているURLです。
https://www.flat35.com/files/300238910.pdf

【フラット35】(リフォーム一体型)の利用条件等をさらに詳しく知りたい方は、住宅金融支援機構のホームページもご覧ください。
https://www.flat35.com/loan/reform/

資金計画
コラム
自己資金の準備
土地・建物以外に必要な諸費用
住宅ローン選択のポイント
返済計画
住宅ローンの見直し
その他の知識
カタログ請求はこちらから
資金計画に関するお問合せはこちらから
資金計画用語集
よくあるご質問