住友林業の家

商品紹介テクノロジー
住友林業 >注文住宅・一戸建て住宅(ハウスメーカー) >マイホーム購入のための資金計画 >

住宅金融支援機構のインターネットサービス「住・My Note(すまいのーと)」

コラム

住宅金融支援機構のインターネットサービス「住・My Note(すまいのーと)」

「住・My Note(すまいのーと)」とは住宅金融支援機構が民間金融機関等との提携で提供している住宅ローン「フラット35」や、その他の住宅金融支援機構の融資を返済中の人向けに提供しているインターネットサービスです。

専用サイトから「お客様IDとパスワード」を取得すれば、償還予定の確認、一部繰上返済の試算や返済の申請、お役立ち情報の閲覧などの機能をパソコンやスマートフォンから無料で利用することができます。

「住・My Note」のサービスメニュー

  1. 返済中の住宅ローンの借入金額、返済日、毎月の返済金額などの契約情報と借入金の残高が確認できます。
  2. 繰上返済のシミュレーションと一部繰上返済の申し込ができます。
  3. 住宅ローンを完済するまでの返済計画表(償還予定表)を確認してプリントアウトすることができます。
  4. 住宅ローン控除の申請に必要な「融資額残高証明書」や現在の「残高証明書」などを発行依頼することができます。

その他にも、ログインパスワードやメールアドレスなどの登録情報の変更や住まいのお手入れ情報、家計に役立つ情報など、住宅金融支援機構が提供する情報を見ることができます。

このように、「住・My Note」は、利用登録をしておくと住宅ローンを長期間返済していくうえで役に立つサービスメニューを必要なときに無料で使うことができます。

既に「フラット35」など住宅金融支援機構が提供しているローンの返済を利用している人はいつでも、これから「フラット35」使ってマイホームを取得する人は資金実行日の3営業日後からお客様IDとパスワードの申請を行うことができます。

「住・My Note」から申請する住宅ローン「フラット35」の一部繰上返済

このようなサービスメニューの中で「住・My Note」を利用することでのメリットが大きいのは、住宅ローン「フラット35」を返済中の人が一部繰上返済をする場合です。

住宅ローン「フラット35」の一部繰上返済は、「住・My Note」から申請する方法と、「金融機関等の窓口」で申請する方法があります。

一部繰上返済の最低返済金額は、「金融機関等の窓口」で手続きをする場合は1回につき100万円以上ですが、「住・My Note」で申請をする場合は1回につき10万円以上からです。

余裕資金が少しできたとき、配偶者に収入がある時期などの一定期間に少額での繰上返済を継続的して行いたい場合などは、「住・My Note」で申請をすることが可能です。

以下は、「フラット35」の借入残高を繰上返済する場合の主な条件です。

  1. 利用可能な利上げ返済

    「住・My Note」 → 一部繰上返済のみ
    「金融機関等の窓口」 → 全額返済と一部繰上返済

  2. 繰上返済の申請申し出時期

    「住・My Note」、「金融機関等の窓口」とも、繰上返済日の1か月前まで

  3. 繰上返済が可能な日

    「住・My Note」 → 【一部繰上返済】毎月の返済日
    「金融機関等の窓口」 → 【一部繰上返済】は毎月の返済日、【全額返済】は任意の日

  4. 手数料

    「住・My Note」、「金融機関等の窓口」とも無料

  5. 繰上返済金額

    「住・My Note」 → 【一部繰上返済】毎月の返済額を除いて元金10万円以上
    (ボーナス併用返済で期間短縮型の場合は、6回分以上)
    「金融機関等の窓口」 → 【全額返済】残元金+経過利息【一部繰上返済】毎月の返済額を除いて元金100万円以上
    (ボーナス併用返済で期間短縮型の場合は、6回分以上)

  6. 次回の「一部繰上返済の申し込み」ができるタイミング

    「住・My Note」、「金融機関等の窓口」ともに、次回の繰上返済の申込みは、前回の繰上返済が行われた日の翌々営業日以降なので、申込みができるサイクルは最短で1ヶ月おきになります。

「住・My Note」で申請をすれば、「金融機関の窓口」よりも少額の資金で「フラット35」の借入金残高を繰上返済できることを知っていれば、住宅購入後の返済計画をより柔軟にたてることができます。

今回のテーマは、住宅金融機関のインターネットサービス「住・My Note」でした。

「住・My Note」の詳細は住宅金融支援機構のこちらのサイトをご覧ください。

資金計画
コラム
自己資金の準備
土地・建物以外に必要な諸費用
住宅ローン選択のポイント
返済計画
住宅ローンの見直し
その他の知識
カタログ請求はこちらから
資金計画に関するお問合せはこちらから
資金計画用語集
よくあるご質問