住友林業 >注文住宅・一戸建て住宅(ハウスメーカー) >マイホーム購入のための資金計画 >

債務承継型住宅ローン 【フラット35】(アシューマブルローン)

コラム

債務承継型住宅ローン 【フラット35】(アシューマブルローン)

「債務承継型住宅ローン」とは、住宅の売買時に「住宅を売る側(売主)が返済している住宅ローン」をそのまま住宅を買う側(買主)に承継する住宅ローン商品です。

【フラット35】(アシューマブルローン)は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している長期固定金利の住宅ローン【フラット35】の商品ラインナップの一つで、2017年4月から長期優良住宅の認定を受けた住宅についてのみ、この「債務承継型住宅ローン」での申し込みができるようになっています。

ここからは、住宅を売買する場合の売る側(売主)と買う側(買主)に分けて、売る側(売主)が【フラット35】(アシューマブルローン)を利用している場合と、利用していない場合の違いを説明します。

住宅を売る側(売主)は

売る側(売主)が【フラット35】(アシューマブルローン)を利用していない場合

【フラット35】(アシューマブルローン)以外の住宅ローンの場合は、住宅を売る側(売主)は、買う側(買主)から得た住宅の売買金額をもとに住宅ローンの残債を一括返済します。
売買金額よりも住宅ローンの残債の方が多い場合は、一括返済の際の不足額の返済は自己資金をあてることになります。
逆に、売買金額よりも住宅ローンの残債の方が少ない場合は、住宅ローンを一括返済した後は差額のお金が手元に残ることになります。

売る側(売主)が【フラット35】(アシューマブルローン)を利用している場合

【フラット35】(アシューマブルローン)を利用している人(売主)は、借入対象となる住宅を売却する際に【フラット35】(アシューマブルローン)の返済を住宅購入者へ引継ぐことができるので、住宅ローンの残債と住宅の売買代金との差額を売る側(買主)との間で受け渡しすることになります。
売買金額よりも住宅ローンの残債の方が多い場合は、売る側(売主)は買う側(買主)に差額のお金を支払うことになります。
逆に、売買金額よりも住宅ローンの残債の方が少ない場合は、売る側(売主)は買う側(買主)から差額のお金をもらうことになります。

住宅を買う側(買主)の人は

売る側(売主)が【フラット35】(アシューマブルローン)を利用していない場合

売る側(売主)への売買金額は自己資金と自己資金以外は新たに住宅ローンでの借入を申し込むことで資金を調達することになります。
その際に新たに借入をする住宅ローンの金利は、融資実行時の金利が適用されます。

売る側(売主)が【フラット35】(アシューマブルローン)を利用している場合

住宅を買う側(買主)は【フラット35】(アシューマブルローン)を利用している人(売主)が利用している【フラット35】(アシューマブルローン)の返済を引き継ぎます。
引継いで返済をする【フラット35】(アシューマブルローン)の金利は売る側(売主)が返済をしていた時の金利がそのまま承継されます。
承継される【フラット35】(アシューマブルローン)の金利がその時点での新規に住宅ローン申し込む場合の適用金利よりも低い場合は、その低い金利で住宅ローンの返済を承継することができるメリットを享受できる場合があります。
引継ぎをする【フラット35】(アシューマブルローン)の残債よりも売買金額の方が大きい場合は、差額を買う側(買主)に支払います。
逆に引継ぎをする【フラット35】(アシューマブルローン)の残債よりも売買金額の方が少ない場合は、差額を買う側(買主)からもらいます。

【フラット35】(アシューマブルローン)の利用条件は、通常の【フラット35】と同じです。
ただし利用する際には注意事項があります。
主な注意事項は以下です。

  • 金融機関によっては取扱いをしていない場合があります。
  • 【フラット35】(アシューマブルローン)を利用している人が、借入対象となる住宅売却する際は、住宅購入者の同意を得て、【フラット35】(アシューマブルローン)の債務を引き継ぐことができます。
    だだし、債務の引継ぎは1回限りです。
  • 債務の引継ぎには、住宅金融支援機構の審査があり、結果次第では引き継ができない場合もあります。
  • 借入対象となる住宅が長期優良住宅のみなので、【フラット35】Sの受付期間内に申込をした場合は、【フラット35】S(金利Aプラン)が対象になります。
  • 【フラット35】(アシューマブルローン)は借換えには利用できません。

【フラット35】(アシューマブルローン)の取扱いをしている金融機関は、2017年12月1日現在で24金融機関です。
取扱金融機関は住宅金融支機構の以下のURLに掲載されているPDFで確認をすることができます。
https://www.flat35.com/loan/flat35assumable/kinri.html

なお、住友林業株式会社と提携をしている「個人向け住宅融資専門の金融機関」の日本住宅ローン株式会社(MCJ)は【フラット35】(アシューマブルローン)の取扱金融機関です。

資金計画
コラム
自己資金の準備
土地・建物以外に必要な諸費用
住宅ローン選択のポイント
返済計画
住宅ローンの見直し
その他の知識
カタログ請求はこちらから
資金計画に関するお問合せはこちらから
資金計画用語集
よくあるご質問