わたしの家

暮らしのおかたづけ

2020/07/10 更新

家事を上手に「手抜き」して時短!ゆる家事・ラク家事のコツ

家事を上手に「手抜き」して時短!ゆる家事・ラク家事のコツ

美味しい料理を作りたいし、お家はいつもキレイにしていたい…。でも時間的にも体力的にも大変! そんなときは、自分の生活に合った、ちょっとした「手抜き」方法を見つけてみませんか? 完璧を目指さない「ゆる家事」「ラク家事」を毎日の暮らしに取り入れましょう。

この記事をシェアする

料理は「お助けツール」と「アレンジ」で時短

料理は「お助けツール」と「アレンジ」で時短

献立を考え、材料を揃え、調理するのが面倒な日もありますよね。毎日のお料理をラクにしてくれる「ゆる家事」ポイントをご紹介します。

準備や下ごしらえは"まとめて"

皮を剥いたり、切ったり、茹でたり...調理の下ごしらえを毎日やるのは面倒くさい! だったら、まとめて済ませちゃいましょう。

週末に食材をまとめ買いし、食材をすべてカット。キャベツやニラ、モヤシなど「一緒に炒める」ことが多いものは、まとめてポリ袋に入れておけば自分専用のミックス野菜になります。じゃがいもはダシで下茹でしてから冷凍すると、煮物や肉じゃが、カレーなどに使いまわせて便利。

冷凍したものは、使う日の朝に冷蔵庫に移動しておけば夕食時には自然解凍されていますよ。あると便利な「保存食」については、以下の記事もあわせてご覧ください。

いつでも出して食べられる! "冷蔵庫入れっぱ"の保存食

"アレンジ" "リメイク"でもう一品

作りすぎて残ってしまった料理は、アレンジすれば次の日も食卓に出せます。フードロスを減らせますし、何より新たな献立を考えるよりカンタンです。

困ったときの強い味方は「カレー」。 肉じゃがや野菜の煮物などは、カレーに入れても美味しく、何より煮込み時間が必要ないのですぐに完成します。また、残り物活用の定番「チャーハン」は、なんでも細かく刻んで混ぜればOK。

カレーやシチューは、グラタンやドリアなどの「オーブン料理」に。ごはんやパン、輪切りトマトやじゃがいもなどの上にかけてパン粉やチーズを乗せてこんがり焼けば、子どもにも大人気のメニューに変身しますよ。

便利なキッチンツールはどんどん活用!

料理の"ひと手間"を減らしてくれるキッチンツールは、どんどん活用しましょう。ただし、ツールばかり増えてしまうと管理や手入れが面倒になるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

みじん切り器やりんごの皮むき器など、単一機能でも利用頻度が高ければ積極的に導入してみましょう。電気調理鍋などの「ほったらかし家電」は、材料を入れれば誰でもカンタンに使えます。

時短につながる便利な家電やアイテム活用術については、こちらもあわせてご覧ください。

時間を産み出すと言われる「時産家電」って何?

道具が変われば家事も変わる! 便利な「時短家事アイテム」

「ついで掃除」で手間を減らす

「ついで掃除」で手間を減らす

たまった汚れをまとめて掃除しようとすると時間も手間もかかりますが、日々気づいたときに「ちょっと捨てる」「ちょっと拭く」だけで、掃除は断然ラクになります。

使った"ついでに"一拭き

顔を洗い、水滴がついたままの洗面台。専用のタオルや使い捨てのペーパーを手の届くところに置き、その都度サッと拭くだけで汚れがつきにくくなります。タオル交換をするときも、目についたところをひと吹きしてから洗濯機へ。日々の「ついで掃除」が、ラク家事につながります。

「ついで掃除」のアイディアについては、こちらもあわせてご覧ください。

これからは大掃除ならぬ「ノー掃除」、住まいを汚さずに暮らすコツ

お掃除ツールは手の届くところに

汚れに気づいても、近くに掃除機やモップがなければつい後回しにしてしまいがち。ペーパータオルやハンディモップなど比較的安価なものを、リビングや洗面所、寝室、子供部屋など使う場所ごとに用意しておけば、気づいたときに誰でもすぐに掃除ができます。

知っておくと便利な水まわりのお掃除テクニックについては、こちらもあわせてご覧ください。

たったこれだけでピカピカに?水まわりを綺麗にする時短テク!

専用洗剤にこだわらない

バス用、トイレ用、フローリング用に窓用など、用途に応じた専用洗剤が様々に販売されていますが、いざ掃除をしようとしたときに切れていた!ということも...。専用洗剤にこだわらず、石けんや重曹、クエン酸などを使えば、家中どこでも使えます!

覚えておくと便利な目的別洗剤の使い方については、こちらもあわせてご覧ください。

知れば掃除がはかどる! 洗剤の基本ルール

手間を省いていつでも気軽に洗濯

手間を省いていつでも気軽に洗濯

洗うこと自体は洗濯機におまかせでも、セットして、干して、取り込んで、畳んで...と、お洗濯はけっこう大変。少しでもラクにするために一工夫しましょう。

雨でもOK!室内干し

「雨が降ると洗濯物が乾かない」「急な雨で濡れてしまった」「夜遅くまで取り込めない」といったお悩みは室内干しで解決しましょう。

室内干しだと乾きが悪い、ニオイが気になる、という方でも、エアコンやサーキュレーター、扇風機などを活用すればニオイもなくすっきり乾かせます。

雨でもOK!室内干し

部屋干しのコツはこちらの記事でもご紹介していますので、あわせてご覧ください。

花粉がつきにくい洗濯のポイント!

"ハンガー収納"にすればそのまま仕舞える

洗ったものを干して、取り込んで、畳んで、収納する。この作業を一気にラクにしてくれるのが「ハンガー収納」です。

タオルや下着以外の吊るせるもの(Tシャツやズボンなど)をすべてハンガーで干し、そのまま取り込んでクローゼットに入れるだけ。畳む必要がないので、一気に手間を減らせますよ。

みんながわかりやすい「ゆとり収納」で捜しものの時間を減らす

みんながわかりやすい「ゆとり収納」で捜しものの時間を減らす

こまごまとした日用品。どこかに置きっぱなしにしてしまい、捜し物に無駄な時間がかかる...と感じる方も多いのではないでしょうか。家族みんながラクになる収納のコツをご紹介します。

"ゆとり収納"なら使いやすく戻しやすい

引き出しやクローゼットがギチギチだと、出し入れが面倒になりつい出しっぱなしになりがちです。収納は、できるだけ「1箇所1テーマ」にしぼり、スペースにゆとりを持たせましょう。

"ラベリング"で家族みんなにわかりやすい

引き出しやケースの見えるところに、何が入っているのかラベリングをしましょう。単に「文房具」と書くだけでなく「ハサミ・ホチキス・ペン」など、なるべく具体的にしておくと家族みんながわかりやすくなります。

分類は、「書くもの(鉛筆、ボールペン、マジック)」「切るもの(ハサミ、カッター)」「手紙セット(便箋、封筒、糊)」など、用途や目的に応じた分け方が良いでしょう。

"一緒に使うもの"は近くに

ハンカチは自室、ティッシュは洗面所、マスクは薬箱に収納している場合、いざ出かけようとしてもバタバタしてしまいます。夏であれば帽子・サングラス・日焼け止めなど、外出時に一緒に使うものをセットしておけば時短になるだけでなく、散らかることもありません。便利な収納のアイディアについては、こちらもあわせてご覧ください。

家事の時短につながる片付け・収納術5選

キレイな住まい作りは「ながら家事」と「効率収納」がコツ

矢印

ゆる家事・らく家事を実現できる間取りやアイディアなら、住友林業のカタログ「DUE CLASSO」。最新技術を暮らしに取り入れ"がんばらなくても快適な家"を提案しています。

住友林業カタログ「DUE CLASSO」STYLE02

住友林業カタログ「DUE CLASSO」表紙

カタログ無料プレゼント♪

カタログ請求

この記事をシェアする

関連キーワード

おすすめの記事 Recommended Articles

もっと見る

カテゴリ一覧

  • 暮らしのおかたづけ
  • わたしらしさを楽しむ家づくり
  • みんなのいえかぞくのへや
  • ステキに子育てLIFE

ページトップへ