RESEARCH & DEVELOPMENT

RESOURCES
GROUP資源グループ


バイオテクノロジーを用いた名木・貴重木の保存や再生に取り組んでいます。
国内外の樹木の生産効率を高めるため、有用木の育種・育苗・育林技術の研究開発を行っています。

組織培養技術で日本の名木を次世代に

組織培養技術によって、日本各地の名木や貴重木を次世代につなげています。

ゲノム選抜育種

木の遺伝情報を収集・解析し、精英樹を選別するための形質予測モデル開発に取り組んでいます。将来的には予測モデルを活用し、優良木の短期育成をめざしています。

育種・育苗技術で林業を効率化

発芽能力の高い種子の選別や生育環境の制御技術、根を傷めないポット開発により、苗木の大量生産や植え付けの効率化を実現。海外では東南アジアの植林現場で様々な課題解決に取り組んでいます。

高層建築に適した緑化技術の研究

都市の特殊緑化への取り組みを発展させ、木造高層建築の屋上やバルコニー、壁面に適した緑化技術を研究。高層ならではの風、日射、防水、耐火・防火などの研究開発を行っています。