前原 明久|社員インタビュー|新卒・中途採用情報|住友林業

前原 明久前原 明久

Interviews

支店運営の一翼を担う、
「攻めの総務」の実践。

支店運営の
一翼を担う、
「攻めの総務」の実践。

住宅・建築事業本部 総務グループ
前原 明久 Akihisa Maehara
2014年入社 経済学部 経済学科卒
Profile
大学卒業後、賃貸アパートの設計・施工・管理を行う会社に就職し、総務の仕事に就いた。やりがいを感じて日々の業務に励んでいたが、家族が増えていくにつれ、残業や休日などの待遇面に疑問を持つようになって転職を考えるようになった。知人から住友林業で支店総務職の応募があることを聞き、前職での経験が活かせると思い入社を決意。前職も木造住宅を扱っていたため、業務に親和性があるとも感じた。


現在私は、支店の総務グループで総務責任者を務めており、その仕事は多岐にわたります。まず重要な業務が支店予算の作成であり、予算達成に向けた施策の立案です。予算作成というのは、前年度実績や市場環境、必要経費等を考慮し、支店として達成すべき実績目標(売上高、利益等)を示すことです。予算達成に向けて前線で活動するのは、営業や設計、生産各グループになりますので、各グループが活動しやすい施策・環境をつくるのが、私たち総務グループの役割になります。たとえば営業活動において、限られた時間を有効活用するために、事務処理を軽減する施策を立案・実行するなど、各グループが業務を遂行するうえでの課題を見出し、その解決をサポートする役割を担っています。支店が抱える課題を明確にし、原因を掘り下げ、関係者と議論を重ねて、改善に結び付けていく取り組みを進めています。各グループの活動をサポートする役割を担いつつも、主体的かつ能動的に課題解決に向けて動く、いわば「攻めの総務」を実践していきたいと考えています。

前原 明久


最近、総務責任者として支店のショールーム改装という大きなプロジェクトに携わる経験をしました。ショールームとは、各種住宅設備機器をはじめ、フローリングやドアなどの建材、照明やカーテンなどのインテリア、外壁材等、幅広く取り揃えている支店内のスペースのことで、お客様との商談や契約、契約後の打ち合わせの場はショールームが中心になります。従来のショールームは「商品を見る場」としての機能が重視されていましたが、市場調査を実施したところ、近年のショールームに求められているのは「新しい暮らしを提案する場」でした。新ショールームで目指したのは、多くのお客様にショールームにご来場いただいて「新しい暮らし」への理解と生活のイメージを深めていただくための空間です。そして総務責任者としての私の役割は、ショールーム改装に関わる予算立案とその実行です。最小の投資で最大の収益を生み出すことを重視しながらも、掲げたコンセプトを崩すことの無いよう、メンバーと議論を重ね、より少ない予算で「新しい暮らし」を感じることのできるショールームをつくりあげることができました。ショールームの完成後、お客様からはショールームという場で自分たちの新しい暮らしがイメージでき、希望通りの家づくりができたという声を多数いただいています。私自身、大きな投資となるショールーム改装というプロジェクトに携わったことで、組織運営の新たな視点を獲得できたと感じています。今後も、ショールームを核としたお客様に支持される支店、そしてより強い組織の進化に取り組んでいきたいと思っています。

前原 明久前原 明久


総務責任者という立場で、支店長を補佐しつつ、支店の経営的側面に携わることができることに、仕事の面白さを感じています。自分の意思や想いで組織が動くこともあり、その責任の大きさの中に確かなやりがいも実感しています。近い目標として大規模支店の業務を経験することで、支店運営に関わるマネジメントスキルを磨き、周囲から頼られる人財に成長していきたいと考えています。現職種である業務企画職の魅力は、支店総務グループのみならず、本社や本部の管理部門へ異動することもあり、様々な経験をすることができる点です。私自身も新しいことにチャレンジすることで、活躍の場を広げていきたいと思っています。

前原 明久

あなたにとって、本気とは?

常に問題意識を持つことを継続することです。私の日々の業務の中には、部下や他グループが行った業務の内容チェックがあり、一見ルーティンになりがちです。しかし、業務内容のチェック一つとってみても、問題意識を持って仕事をすることで、わずかなミスや誤りを発見するだけでなく、そこから業務の問題点を洗い出し、業務改善に繋げることができます。平凡に見られがちな仕事でも、意識を変え、それを継続することが、平凡を非凡に変えると思っています。

住友林業の好きなところ
入社年次や、新卒入社・中途入社に関係なく、チャレンジできる環境があることです。私は入社時に、数年後なりたい自分を申告していました。逆に言えば、なりたい自分にチャレンジするという宣言であったと思います。そして入社5年目に支店の総務責任者にチャレンジすることができました。また好きなところのもう一つが「人」です。お客様のためにという強い思いを持っている、真面目な社員が多いと感じています。
住友林業に入って良かったと思った瞬間
私が、入社して良かったと思うのは、待遇面がとても良いことです。給与の面だけでなく、休暇が取得しやすく、住友林業に入社して初めて子どもの学校のイベントに参加できるようになり、家族旅行に行く機会が増えたことなど、家族と一緒に過ごす時間が増えました。
住友林業のオススメポイント
やる気があり成果を出せば、新卒・中途に関係なく、正当に評価してくれる風土があります。チャレンジしがいのある環境です。また住友林業は、組織が大きいだけに、様々な魅力ある個性を持った人が多く、幅広い知見に触れることができます。そういった多様性に富んでいることもオススメポイントの一つです。
部署の雰囲気を教えてください。
総務グループのみならず、支店全体がにぎやかな職場です。営業担当に若い年代が多いこともあり、明るく活気がある雰囲気。住友林業に入社して思うのは、相手のために考え、行動するという思いやりや、優しさを持っている人が多いことです。だから人間関係も円滑ですし、コミュ二ケーションも豊か。こうした雰囲気の中で仕事ができるからこそ、毎日が充実していますし、日々前を向けるのだと思います。