入野 優太|社員インタビュー|新卒・中途採用情報|住友林業

入野 優太入野 優太

Interviews

めげずに、挫けずにつかんだ、
戸建営業の醍醐味と感動。

めげずに、
挫けずにつかんだ、
戸建営業の
醍醐味と感動。

住宅・建築事業本部 営業グループ
入野 優太 Yuta Irino
2016年入社 経済学部 経済学科卒
Profile
就活では、「自分の成果が目に見える形になる仕事」を志望し、その中で「形のないものを売る」という注文住宅の営業の仕事に魅力を感じた。多くのハウスメーカーにアプローチしたが、販売する側に立つと考えた際に、住友林業は、「自社商品に自信を持っていること」「住宅部門以外の分野でも強みを持っている」点に惹かれて入社を決めた。また住友林業の住宅展示場を見学に行った際、雰囲気の良さを感じたことも入社を決めた理由の一つ。


私が入社以来担当している注文住宅の営業の仕事は、土日等休日に住宅展示場をご来場されたお客様との出会いから始まります。初回接客と呼ばれる最初の対応が極めて重要であり、それが次につながるかどうかのポイントとなります。私が大切にしているのはお客様の本音を引き出すこと。そのためにはお客様が話しやすい雰囲気作り、対応が求められます。当社商品のセールスや他社と異なる優位性を訴求するのではなく、お客様の考えや想いを理解する対応を心がけています。そうした中で、少しでも良い関係をつくることができれば、お客様に今後のお打合せのお時間をいただくことが可能となります。その活動を通じて、お客様との信頼関係を構築する中で具体的なお打合せを進め、そして最終的にご契約をいただくことがミッションとなります。もちろん、ご契約後も着工、施工、そして竣工まで、お客様の要望や問い合わせに、的確かつ迅速に対応していくことも営業担当の重要な役割です。そして、自分の努力の結果としてお客様の家が建つこと、成果に対して、報酬を含めて正当な評価があることなど、文字通り「自分の成果が目に見える」ことに大きなやりがいを実感しています。

入野 優太


8

入社2年目、上司に頼らず、初めてご契約をいただくことができた経験は、強く印象に残っています。お客様は土地探しも含めて住宅建築を考えていた方で、展示場にご来場していただいてから約8ヶ月間一緒に土地を探しました。最終的には、3件目の土地で決定しましたが、お客様は不安に感じている様子でした。その不安を払拭し、安心してもらえるよう、販売物件周辺の夜道を撮影したり、小さなお子様がいたので小学校までの安全な通学路や保護者の見守り当番があるか、買い物の便利性や雪道の安全性を調べるなど、思いつくことはすべてやりました。土地が見つかった際、まだプランも金額も出そろっていない状態の中で、お客様から「入野さんに任せる」と言っていただけたときは、心から感動しました。通常であれば、他のハウスメーカーとの競合となることがほとんど。確かな信頼をいただけた実感がありました。私が土地探しの間に常に考えていたことは「お客様にとって何が一番幸せか」ということ。だからこそ、お客様の不安の払拭に全力を注いだのです。自分なりの営業スタイルを見出した取り組みでした。

入野 優太入野 優太


注文住宅の営業は、様々なお客様との出会いがあり、それも醍醐味の一つですが、厳しい局面に立たされることも少なくありません。あるお客様は、非常に家づくりに対するこだわりが強い方でした。競合の中、常に高いレベルの細かな説明を求められましたが、上手く説明出来ないことが続き、心が折れそうになったこともあり、逃げ出したくなったこともありました。それでもめげずに、冷静に現状を把握し、どうすればリカバリーできるかを考えた結果、これから質問される可能性がありそうなこと全てを事前に調べメモにまとめ打合せで話せるようにし、これまでの要望を全て組み込んだ提案を再度準備して臨みました。お客様にとってベストな提案という自信がありました。入念な準備もあり、提案当日は自信を持って話すことができ、結果的にご契約を実現することができました。このように、住宅の営業は厳しい場面が少なくありません。しかしそこから逃げ出さず難局を乗り越えた先に、大きな達成感と感動があります。今後、これまで以上に主体的にお客様の立場に立って考え、お客様にとってベストな提案ができる営業担当者に成長したいと思っています。そして、営業成績トップ50が表彰される式典に参加することを目指します。

入野 優太

あなたにとって、本気とは?

常にお客様の立場に立って考え行動することを継続していくことです。営業担当は、お客様から数千万円という大切なお金を託されています。大切なお金を託されており、その分お客様の高い期待も大きなものとなります。その期待に応えられるよう、常にお客様の立場になって考え行動し、それを継続することが大切です。

住友林業の好きなところ
就活の際、「自社商品に自信を持っていること」に魅力を感じて入社しました。その思いは入社後も変わることはありません。つまり、「自信を持って売れる商品」があるということです。注文住宅の場合、カタチがないものを売ることになりますから、自分で深く考え、行動することが求められます。それが自身の成長の力になっていると感じています。そうした機会を提供してくれるのが住友林業です。
住友林業に入って良かったと思った瞬間
一つは住宅の営業という仕事に就いたことで、様々な人との出会いがあり、話ができることです。住宅を購入される方の多くは人生の成功者であり幸せな人たち。そうした方々との交流は自分の成長につながっていると思います。また「住友林業」という看板の大きさを改めて感じています。一人で戦うのではなく住友林業という会社の信頼や、ニーズに応じた商品の多様さは、営業の現場を力強くサポートしてくれています。
住友林業のオススメポイント
家に興味があり、家づくり、特に木造住宅に関わりたいと思っている人にとって、住友林業は最高のフィールドです。それはお客様がつくりたいと思っている家、お客様が理想としている住まい方を、住友林業であれば実現できるからです。住友林業は木質空間のトータルコーディネーターであり、また唯一無二のビッグフレーム構法を有しているなど、圧倒的な商品力によってお客様に幸せをご提供できるハウスメーカーです。
部署の雰囲気を教えてください。
私が所属する埼玉支店は、非常に活気がある職場です。営業、設計、工事、インテリアなど、総勢約100名の大規模支店。若く、やる気に満ちた人が多いですが、同時にみんな堅実で真面目。飲み会で盛り上がる楽しさもあり、「決起会」を開催するなど団結力も強い。毎年新入社員が配属されており、その後輩たちの手本となれるように、営業担当者としても人としても成長していきたいと思っています。