About Us

私たち住友林業グループは、「木」を軸とした様々な事業活動に取り組んでいます。創業以来330年近く にわたって蓄積してきた木に関する技術やノウハウに加え、お客様とのつながりや国内外のネットワーク、 培ってきたブランド力といった当社グループ独自の強みを発揮し、人々の生活に関するあらゆるサービス を通じて持続可能で豊かな社会の実現に貢献し続けています。

住友林業グループ事業紹介

企業情報

実績

国内外における山林経営・植林事業からグローバルなネットワークによる調達、流通、製造・加工、さらには住宅建築をはじめとする人々の生活に関するあらゆるサービスの提供にいたるまで独自のバリューチェーンを構築しています。

木材建材事業

  • 持続可能な木材および木材製品の取扱量

    1,478

    千m³

  • 海外製造子会社での製品生産合計

    1,095

    千m³

(2019年度)

More

住宅・建築事業

  • 国内販売引渡棟数

    7,427

(2019年度)

More

海外住宅・不動産事業

  • 米国・豪州販売引渡戸数

    10,390

(2019年度)

More

資源環境事業

社有林・植林管理面積

  • 日本

    4.8

    万ヘクタール

  • 海外

    23.1

    万ヘクタール

(2020年3月末時点)

More

生活サービス事業

  • 介護付き老人ホーム施設数

    20

    施設

  • 有料老人ホーム 居室数

    1,764

(2020年10月時点)

More

海外事業

東南アジア

東南アジアは長い間、世界中の木材需要を支えてきました。しかし、近年、森林の減少や違法伐採の厳格化などにより、天然林の需給が逼迫しています。
住友林業は、生産能力の増強と大規模な植林により、長期的に木材の安定供給に努めています。

グループ一覧

東アジア

中国の経済成長に伴い、地元の木材・建材市場は急速に拡大しており、住宅需要も急増しています。このため、住友林業は、事業の強化と東アジアにおける地域市場の発展を通じて、木材、木造建材、住宅の需要の高まりに応えるために事業を展開しています。

グループ一覧

オセアニア

オーストラリアの住宅市場は、国の移民政策からの突然の人口急増に伴って拡大を続けています。住友林業は、地元の住宅建築業者との提携により、地元の住宅市場に参入しています。高い建設ノウハウと安定供給力を兼ね備えた住宅メーカーとして事業を拡大しています。

グループ一覧

北米/ヨーロッパ

北米は世界有数の木材輸出国であり、木材および建築資材の大市場でもあり、北米は世界的な舞台での主要な存在です。住友林業は早期に北米市場に参入し、調達と輸出のインフラを確立し、戸建分譲住宅販売事業を行なっています。

グループ一覧

IRニュース

株主・投資家のみなさまへ

サステナビリティ

森林や木材を活用した事業を通じて、持続可能な社会の発展を支援しています。