ニュースリリース(2011年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2011年2月1日

エネルギーを創って、蓄えて、賢くつかう!
「家庭用蓄電池搭載住宅モニター」募集のお知らせ

住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は、2月1日より、「家庭用蓄電池搭載住宅モニター」を募集しますので、お知らせ致します。

今回募集する「家庭用蓄電池搭載住宅モニター」で使用する蓄電池は、電気自動車「日産リーフ」に搭載されているリチウムイオンバッテリーを利用しており、将来的には「日産リーフ」で使用したバッテリーのリユースを目指し、フォーアールエナジー株式会社(社長:坂上 尚 本社:神奈川県横浜市)との実証実験を推進しているものです。実際に、一般家庭で使用した場合のデータを収集し、それを分析することで蓄電池のさらなる性能向上に向けて開発を進めてまいります。なお、モニターの特典として、蓄電池やホームITシステムなどを無償で提供します。

 

 

目的
  当社が目指しているLCCM住宅の実現には、エネルギーを「省く」、「創る」、「蓄える」、「見える化」などの技術が不可欠であると考えております。これまでに「住友林業の家」は、住生活で消費するエネルギーについて、「省く」技術として次世代省エネルギー基準への対応や涼温房設計の推進、「創る」技術として太陽光発電や家庭用燃料電池の採用、「見える化」技術としてホームITシステムにはじまるHEMSなどの検討に取り組んでまいりました。今回、「蓄える」技術として「家庭用蓄電池搭載住宅モニター」を募集し、一般家庭における蓄電池の充放電や電力消費のデータの収集や蓄電池システムの使用状況などのアンケートによる情報の蓄積など、蓄電池のさらなる性能向上に向けた実証実験を行ってまいります。
 
狙い
  蓄電池とホームITシステムを全国のさまざまな家庭に設置し、系統電力や太陽光発電の電力消費、蓄電池の充放電の実生活におけるデータなどを蓄積します。また、蓄電池やホームITシステムの商品評価などを実際のユーザーアンケートなどにより実施します。それらのデータを「蓄える」技術や「見える化」技術の開発にフィードバックすることで、「住友林業の家」の商品力向上やLCCM住宅の早期商品化を進めるとともに、住友林業独自のスマートハウス技術として体系化し、他社に対する差別化につなげてまいります。
 
応募要項
 
特典内容 蓄電池搭載住宅のモニターには、以下の関係設備、および工事を無償提供します。
(1)家庭用蓄電池システム本体(電気自動車「日産リーフ」に搭載されているリチウムイオンバッテリーモジュールを活用したモデル。蓄電池容量12kWh)
(2)ホームITシステム(東芝製)
(3)家庭用蓄電池システム本体設置工事(設置用基礎・配線含む)
対象棟数 対象棟数13棟(応募期間内にモニター対象棟数を超える応募があった場合は抽選となります)
応募期間 応募受付は終了しました。
応募方法 住友林業ホームページより
抽選日 平成23年2月19日(土)※ 当選者は応募者の中から厳正な抽選により決定いたします。
抽選結果 抽選日から3日以内に、住友林業ホームページに当選者の市区郡までの住所と氏名のイニシャルを掲載します。また、当選者へは当社から直接連絡いたします。
 
注意事項
 

・ 応募は1世帯につき1件まで(ただし、2世帯住宅の場合は1棟につき1件まで)とします。

・ モニター特典による機器の設置場所は応募者本人が建築する住宅に限ります。

・ 当選者は、モニター特典の他人への譲渡や金銭や物品に引き換えることはできません。

・ 当社と平成22年12月31日までに工事請負契約を締結されている方はご応募いただけません。

・ 住友林業グループ各社の社員及びその家族の方はご応募いただけません。

・ 本特典は、当社が実施している他のキャンペーンと重複しては利用できません。

・ 当選者は、平成23年3月31日までに「家庭用蓄電池搭載住宅 モニター特典 利用申込書」を提出していただく必要があります。

・ 当選者であっても建築計画の内容、および敷地条件によっては、お断りする場合があります。なお、敷地条件は、当社が行う敷地調査にもとづき判断します。

・ 敷地形状、地盤、施工条件により、別途費用がかかる場合があります。

 
使用条件
 

・ 当社にて太陽光発電システムを搭載した住宅を建築し、モニター特典による機器を5年間以上設置し使用いただける方。ただし、エネファームの設置は不可となります。

・ 住友林業の施工エリア内(断熱地域区分がⅢ・Ⅳ・Ⅴ地域に限る)に建築可能な敷地を用意できる方。

※住友林業の定める塩害対象エリアを除く。

・ 以下の期間に蓄電池搭載住宅の着工・引渡しのできる方。
着工時期/平成23年8月1日以降
引渡時期/平成23年12月1日~平成24年3月31日

・ 蓄電池搭載住宅モニターとして、以下のモニター協力ができる方。
(1)充放電量、電力消費量等モニター設置機器により取得した各種データの提供
(2)蓄電池システムの使用状況などのアンケート協力および建物の撮影協力
(3)現場見学会への現場提供

・ ホームITシステムのためのインターネット接続環境(ブロードバンド常時接続環境)および見える化モニターとしてのパソコンを用意できる方。

・ ホームITシステムを利用するための「フェミニティ倶楽部」に入会していただける方(費用は当選者負担)。

※ 初期登録料1,050円(税込)、月額525円(税込)、加入期間2年以上(退会すると、ホームITシステムによる「エネルギーの見える化」の機能は一切利用できなくなります。)

 
当選者はこちらから
  http://sfc.jp/ie/cam/chikudenchi/
 

以上
≪本件に関するお問い合せ先≫
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 大屋・佐藤
TEL:03-3214-2270
FAX:03-3214-2272

企業・IR・CSR情報