ニュースリリース(2011年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2011年4月21日

住友林業緑化 折板屋根緑化システムを商品化
「苔かんむり」新発売のお知らせ
日差しや乾燥に強く、ヒートアイランドを緩和、省エネルギー効果を発揮!

住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)のグループ会社であり、総合的な緑化提案を行う住友林業緑化株式会社(社長:山本 泰之 本社:東京都中野区 住友林業(株)100%出資)は、折板屋根緑化システム「苔かんむり」の販売を開始しますので、お知らせいたします。


本商品は、折板葺建物の屋根緑化を目的に開発されています。不織布を植栽基盤として日差しや乾燥に強い「スナ苔」を生育するため、培土が飛散したり、苔が枯死したりすることがありません。建築基準法が定める耐火基準をクリアし、高い耐風圧性能を保有すると同時に、工場立地法における「緑地」にも適合するなど、安全・安心で高機能な屋根緑化システムです。また、太陽熱をさえぎる働きがあることから省エネルギーの効果を発揮し、環境に優しく低炭素社会の実現に貢献します。なお、本商品の販売は初年度に2,500m2を見込み、順次拡大を図ってまいります。


 

主な特長
 
(1) 省エネルギー性 冷房使用期の120日間で約16.8tのCO2削減と約63万円の光熱費を削減*1
(2) ヒートアイランド緩和 「スナ苔」からの蒸散作用によりヒートアイランドを緩和
(3) 耐火性 建築基準法第63条「屋根葺き材の飛び火性能試験」の性能をクリア
(4) 省メンテナンス性 「スナ苔」は長期間の無降雨にも耐えるため灌水装置が不要
(5) 不織布の採用 植栽基盤を不織布とするため培土が不要で強風時にも土が飛散しない
(6) 軽量・高施工性 パネルの厚みは約18mmと薄く、システム全重量は湿潤時で最大20kg/m2
(7) 緑地認定可能 自治体によっては助成の対象となり、工場立地法にも対応(地域により対象外)

*1 算出条件:緑化面積(1,000m2)、冷房期日照時間(600時間)、冷房効率(0.84)、都市ガスのCO2換算係数(2.28kgCO2/Nm2

 
商品概要
 
商品名 苔かんむり
発売日 2011年5月1日
価格 1.0m2あたり 28,350円より(消費税含む)
販売地域 積雪地域・沖縄を除く全国(標準仕様の場合)*2
苔パネル寸法 苔シート W×L×H = 300 mm×600 mm×17mm
    トレイ部 W×L×H = 302 mm×600 mm×10.5mm

*2 屋根の高さが15mを超える場合や積雪地域は強度計算に基づき施工可能

 
「苔かんむり」の生育について
  「苔かんむり」のパネル表面は保護層で覆われています。施工完了後、保護層に守られ雨水と太陽光だけで成長を開始するスナ苔は、3ヵ月後には発芽が始まり、5ヵ月後から瑞々しい緑が目立つようになり、1年を経過すると一面モスグリーンのじゅうたんに見えるまで成長します。無降雨が続くと「スナ苔」が茶色く変色しますが、生育に影響はありません。
 
「スナ苔」について
  キボウシゴケ科で特に日向と乾燥に強く、山地の日当たりの良い乾いた岩の上に生育します。自らの生理機能をその場所の環境に適応させて生きていく能力をもっており、土を必要としません。世界各地に分布し、日本では低地から山地にみられます。
  湿潤時
湿潤時
無降雨乾燥時
無降雨乾燥時
 
  <<住友林業緑化株式会社概要>>
  1. 設立 1977年4月1日
  2. 社長 山本 泰之
  3. 資本金 2億円(住友林業(株) 100%出資)
  4. 年間売上高 210億円(平成22年3月期)
  5. 本社所在地 東京都中野区中央1-38-1
  6. 従業員数 417名(平成22年3月期)
  7. 事業概要 個人住宅の外構、造園工事、都市の緑化等

以上
≪本件に関するお問合せ先≫
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 大屋・佐藤
TEL:03-3214-2270
FAX:03-3214-2272
≪商品に関するお問合せ先≫
住友林業緑化株式会社
技術生産部
TEL:03-6832-2236

企業・IR・CSR情報