ニュースリリース(2014年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2014年02月06日

RobecoSAM社の「The Sustainability Yearbook 2014」(CSR格付け)にて
持続可能性に優れた企業として2年連続で「Gold Class」に選定

  住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は、世界的なSRI評価会社であるRobecoSAM社※1によるCSR格付けにおいて、2年連続で「Gold Class」に選定されましたのでお知らせいたします。当社は同時に「Homebuilding Industry(住宅建設部門)」において、最も評価が高い企業として「Industry Leader(インダストリーリーダー)」※2に選定されています。

  RobecoSAM社は、持続可能性に優れた企業を毎年選定し、「The Sustainability Yearbook」にて公表しています。今年は世界の約3,000社のうち、460社が「The Sustainability Yearbook 2014」に掲載され、特に優秀な企業を「Gold(金)」「Silver(銀)」「Bronze(銅)」として表彰されています。
「Gold Class」に選定された日本企業は、当社を含め5社でした。

  住友林業グループは、創業以来320余年にわたり、「木」という再生可能な自然資源を活かし、総合住生活関連事業をグローバルに展開してきました。今後も持続可能な社会の実現に向け、社会課題の解決に事業を通じて貢献する企業理念のもと、地域社会と共に発展していくことを目指し、企業価値の向上を図ってまいります。

RobecoSAM社 Sustainabillity Award Gold Class 2014

※1 RobecoSAM社(Robeco Sustainable Asset Management)
スイスの資産運用アドバイス会社。1999年以降、毎年「DJSI (Dow Jones Sustainability Indexes)」※3対象銘柄の調査分析を行っています。

RobecoSAM社 Sustainabillity Award Industry Leader 2014

※2 Industry Leader(インダストリーリーダー) 全調査企業を59業種に分類し、それぞれの業種での最高評価企業をインダストリーリーダーとして選出。

※3 DJSI (Dow Jones Sustainability Indexes)
ダウ・ジョーンズ工業平均株価(ダウ平均)で有名なダウ・ジョーンズ社(アメリカ)とSAM社(RobecoSAM社の前身)が、1999年に共同で創設した、世界的なSRI(Socially Responsible Investment・社会的責任投資)株価指数。評価項目は「経済」「環境」「社会」の3分野での構成。当社は、DJSI (Dow Jones Sustainability Indexes)対象銘柄に2005年から9年連続で採用されています。

以上

《お問い合わせ先》
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 飯塚
TEL 03-3214-2270

企業・IR・CSR情報