ニュースリリース(2016年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2016年10月21日

~体験参加型の賃貸住宅専用コンサルティングスペース~
「新宿フォレストメゾンプラザ」開設

  住友林業は22日、賃貸住宅専用コンサルティングスペース「新宿フォレストメゾンプラザ」を開設します。 「体験参加型」のコンサルティングスペースとして土地活用や賃貸経営の相談、構造や設備の展示に加え、初めて賃貸経営を検討される方も参加できるセミナーを定期的に開催。土地活用の情報発信基地としての役割を果たします。賃貸経営の相談、展示、セミナーの機能を兼ね備えた施設は大手ハウスメーカーとしては初めて。首都圏を中心に潜在的なニーズを掘り起こし初年度は300組の集客を目指します。


「おもてなしゾーン」イメージパース

  「新宿フォレストメゾンプラザ」はJR新宿駅中央東口徒歩8分、都営新宿線新宿三丁目駅徒歩2分の立地。総面積は255㎡で3つのゾーンで構成されています。「おもてなしゾーン」では賃貸住宅の実例やキッチンなどの住宅設備を展示。当社オリジナルBF構法などの最新テクノロジーや賃貸住宅専用のセキュリティシステムなども体感できます。「多目的ゾーン」では誰でも参加できるセミナーを月2回開催。土地活用や賃貸経営、相続税対策などに関する最新情報が得られます。「サロンゾーン」ではプライバシーが守られたゆったりとした個室で、土地活用や賃貸住宅の設計・建設、税金や法律などの相談ができます。

  賃貸住宅市場では相続税対策を背景に供給が需要を上回り空室率が上昇。賃貸住宅の空室率の全国平均は2013年に約23%※というデータがあります。一方、住友林業の賃貸住宅の空室率は4%前後で推移しており、2016年9月末時点で4.5%と低い水準となっています。当社グループでは賃貸管理事業を行う住友林業レジデンシャルが長期安定経営をバックアップします。

  当社の賃貸住宅の売上高は2016年3月期は前期比+51.2%の205億円。今後さらなる拡大を目指します。

  今後も住友林業は最適な土地活用の提案と上質な賃貸住宅の提供を通じ、賃貸経営の総合コンサルタントとして長期安定経営を力強くサポートしてまいります。

※ 総務省統計局「平成25年住宅・土地統計調査報告」のデータより、賃貸用の住宅の空き家数÷借家数で計算

以上

《リリースに関するお問い合わせ先》
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 森永・佐藤
TEL:03-3214-2270

《ショールームに関するお問い合わせ先》
住友林業株式会社
住宅事業本部 城南支店 賃貸住宅営業所
TEL:0120‐789‐150
営業時間/10:00~18:00、定休日/火・水曜日

《賃貸管理に関するお問い合わせ先》
住友林業レジデンシャル株式会社
営業推進部 松本
TEL:03-3350-8672

企業・IR・CSR情報