ニュースリリース(2018年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2018年07月06日

タイ王国で不動産開発
第2弾 都心部リバーサイドで高級分譲マンション

 住友林業株式会社(社長:市川晃、本社:東京都千代田区)は100%子会社のSumitomo Forestry (Singapore) Ltd. (以下、SFS社)を通じ、タイ王国で高級分譲マンションを開発します。

 同国の不動産開発会社Property Perfect PCL(以下、PF社)とPF社傘下のGrande Asset Hotels & Property PCL社(GA社)との共同事業で総投資予定額は約266百万USドル。2022年の完成を目指します。


 このプロジェクトはPF社およびGA社と共同で設立する特定⽬的会社(以下、SPC)が⾼級分譲マンションを開発・販売するものです。SPCの出資⽐率はSFS社49%、GA社42%、PF社9%の予定。

 同3社は2017年10月、タイで約310戸の高級分譲マンションの開発に着手しており、今回が2件目のプロジェクトとなります。これらのプロジェクトを通じてPF社、GA社との⻑期的なパートナー関係を強固なものとし、⽶国・豪州の住宅事業に加えアジア圏に事業領域を拡げることで、海外住宅事業の収益基盤を強化します。





エリア特徴

 開発事業地はバンコク中心部を南北に流れるチャオプラヤ川沿いに位置。同川沿いには、五つ星ホテルが建ち並び、高級分譲マンションや大型ショッピングモール等の開発が進んでいます。経済の中心地であるシーロム通りから4km圏に在り、川の東岸にはアジアティーク※など観光客で賑うエリア、西岸には旧市街地が拡がっています。

※正式名はアジアティーク ザ リバーフロント。2012年4月にオープンしたタイ・バンコクの新ナイトスポット。倉庫跡地を再建築したマーケットで、観光客向けのアジア雑貨や土産店、ファッションや雑貨などの小売店1,500店に加え約40店のレストランが揃う。


物件概要

名称

(仮称)リバーサイドプロジェクト

所在地

タイ王国 バンコク

総戸数

500~600戸程度を予定

構造・階数

鉄筋コンクリート造、地上60~70階程度を予定

着工

2019年5月 予定 (工期は約3年)

販売開始

2019年4月 予定

※上記概要は現時点の計画であり、変更となる場合があります。

 

■開発コンセプト

 パートナー各社が長年培ってきたノウハウと高い品質に加え、住友林業らしい自然豊かな設計提案で、市中心部に近いエリアながら川と緑をコンセプトとしたくつろぎの住空間を提供します。

 

 

<ご参考>

Property Perfect(PF)社 概要                        

会社名

Property Perfect PCL (1993年タイ証券取引所上場)

所在地

タイ王国 バンコク市 Rama ⅸ通り100/1  Vorasombatビル

設立

1985年

代表者

Dr. Tawatchai Nakhata (Chairman)

事業内容

分譲不動産事業(戸建及び集合住宅)、収益不動産事業

不動産事業全般

従業員数

1,014名(2018年時点)

 

 PF社 は1985年に設⽴。30年以上にわたって「Happy Living」をコンセプトに、タイ国内で分譲、収益不動産事業を展開しています。

 同社はタイ初となる北海道への直接投資を⾏った企業で、北海道のキロロリゾートを所有しています。

 

 

Grande Asset(GA)社 概要

会社名

Grande Asset Hotels & Property PCL (2004年タイ証券取引所上場)

所在地

タイ王国 バンコク市 Sukhumvit通り388 Exchange Tower

設立

1988年

代表者

Mr. Wichai Thongtang (Chairman)

事業内容

不動産開発事業、ホテル事業

従業員数

919名 (2018年時点)

 

 GA社は1988年に設立。ホテル事業、分譲マンション事業が主力で、2015年にPF社の連結子会社となりました。

 タイ国内ではWestin、Sheraton、Hyatt Regency等のホテル事業、高級分譲マンションブランド「Hyde」を展開しています。

以上

≪リリースに関するお問い合わせ先≫

住友林業株式会社

コーポレート・コミュニケーション部 大西・橋本

TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報