ニュースリリース(2018年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2018年12月14日

新型3DCAD(スリーディーキャド)で写真レベルの住宅イメージを提供
新春家づくりフェア 全国展示場でVR体験も

 住友林業株式会社(社長:市川晃、本社:東京都千代田区)は、シリコンスタジオ株式会社(社長:梶谷 眞一郎、本社:東京都渋谷区、以下シリコンスタジオ)と共同開発した3次元住宅プレゼンテーションシステム(3DCAD)を2019年1月2日から本格運用します。お客様の設計プランを立体感のある高画質で提供し、住まいのイメージを分かりやすく体験できます。12月中に全国の支店にシステムを配備し、1月2日から全国の住宅展示場で展開する新春家づくりフェアではVRスコープを使ったVR体験も用意しています。

 

 本システムは実写に迫る高画質でお客様が見たい場所のウォークスルーを体感頂ける他、指定した日時での太陽光の差し込み方やその移り変わりを確認できます。また外観やインテリアの多彩なカラーシミュレーションを実施できることも特長です。さらに当社住宅の特長である無垢フロアは、実際の床材を撮影した実写画像を用いている為、樹種ごとの表情をよりリアルに表現できるようになり、現実に近い住まいを疑似体験頂けます。

また本システムで提案した空間画像をお客様と共有し、ご自宅のパソコンやスマートフォン、さらには紙製のVRビューアでも体験することができるなど、新築住宅のイメージを様々な角度から可視化し具体的に検討できます。

 

 本システムにはシリコンスタジオが開発したリアルタイムレンダリングエンジン「Mizuchi」を採用しています。「Mizuchi」は木材、金属、ガラス、布など多種多様な質感を実写に迫る品質で表現できるシステムです。シリコンスタジオはエンターテインメント業界を中心に3DCG技術を提供している企業で、当社では初めてのゲーム業界との協業となります。

 

 当社の木造注文住宅は強固な構造を有するオリジナルのビッグフレーム構法などによりお客様の様々なニーズにフレキシブルに応えます。設計図面から完成住宅をイメージする難しさやお客様の不安を解消するため、これまでも計画中の住宅を分かりやすく視覚化するシステムを開発してきました。新システムの開発により、従来よりも一層実際の住宅に近い状態を確認できるようになりました。

 

 新年1月2~14日(※)に全国の展示場で一斉開催する新春家づくりフェアでは、外観、間取り、収納、インテリアなどお客様の要望を反映できる最新の3DCADシステムで住まいづくりの楽しさを家族揃って体感ください。

 住友林業グループは今後も上質な木造住宅をお客様のニーズに合わせて提供し、理想の家づくりを実現します。

※展示場により一部開催日程が異なります

<3DCADシステム 外観・内観イメージ>

以上

《本件に関するお問い合わせ先

住友林業株式会社 

コーポレート・コミュニケーション部 橋本・佐藤

TEL:03-3214-2270

≪新春家づくりフェアに関するお問い合わせ先≫

住友林業株式会社

住宅・建築事業本部 営業推進部

TEL: 0120-21-7555

企業・IR・CSR情報