ニュースリリース(2019年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2019年01月07日

米国住宅子会社DRBグループ
持分追加取得のお知らせ

 住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は1月2日、米国の全額出資子会社Sumitomo Forestry America, Inc. (社長:岩崎 淳 本社:米国ワシントン州ベルビュー市 以下、SFAM社)を通じ、Dan Ryan Buildersグループ(以下DRBグループ)の持株会社であるDRB Enterprises, LLC社(以下、DRBE社)の持分32.48%を追加取得いたしました。これにより当社の保有持分は現状の60.0%から92.48%へ引き上げとなります。

 DRBグループは1990年に事業を開始したホームビルダーで、DRBE社が本社を置くメリーランド州を含む米国東海岸6州で主に戸建住宅を分譲しています。2017年の住宅販売戸数ランキングでは全米28位で、同年12月期の販売戸数は1,981戸です。

 

 米国での当社グループ合計の年間住宅販売戸数は全米で10位程度の規模まで拡大しており、2019年3月期も7,100戸を見込んでいます。今後もDRBグループを含む米国各社の事業成長とともに各社間のシナジー効果を発揮していきます。

 また米国と豪州を合わせた2019年3月期住宅販売戸数は9,850戸を見込んでおり、10,000戸も視野に入ってきました。近年ではアジアでの住宅・不動産事業の展開も加速しており、海外での事業規模を拡大しています。

 

 住友林業グループは国内外に「川上」の植林・山林事業から「川中」の流通・製造事業、「川下」の住宅関連事業まで、幅広い事業をグローバルに展開しています。これらの総合力を活かし、今後も各国の地域社会の発展と快適な住環境の実現に貢献します。



■ DRB Enterprises, LLC社 会社概要

商号

DRB Enterprises, LLC

代表者

Ronald Salameh (President, CEO)

本社所在地

米国メリーランド州フレデリック市

設立

2005年8月

事業内容

メリーランド州、ペンシルベニア州、ヴァージニア州、ウエストヴァージニア州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州の6州において、分譲住宅事業を展開

従業員数

447人(2018年11月時点、グループ合計)

以上

《本件に関するお問い合わせ先

住友林業株式会社 

コーポレート・コミュニケーション部 大西・橋本

TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報