ニュースリリース(2019年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2019年05月31日

タイで初の戸建分譲事業
~ 現地大手不動産開発会社と合弁で計1,400戸を開発 ~

 住友林業株式会社(社長:市川晃、本社:東京都千代田区)はタイ王国(以下、タイ)で戸建住宅および店舗併設型タウンハウス開発分譲事業(以下、戸建分譲事業)に着手します。住友林業100%子会社のSumitomo Forestry Singapore Ltd. (以下、SFS社)とタイの不動産開発会社Property Perfect PCL(以下、PF社)との共同事業で、総投資額は約190百万USドル。一戸あたりの平均分譲価格は162千USドルで2019年6月に開発を開始、2027年の完成を目指します。



 このプロジェクトはSFS社が49%、PF社が51%出資して設立する特定目的会社が、合計で約1,400戸の戸建・店舗併設型タウンハウスを開発・販売するもの。タイでの戸建分譲事業は当社初となります。首都バンコクの中心部まで車で約1時間のパトゥムターニ県に所在する約52ヘクタールの敷地に、5つのプロジェクトを開発、延べ床面積110~230㎡/戸の住宅を建設し分譲します。

 PF社とはバンコク中心部のトンローエリアおよびリバーサイドエリアでPF社傘下のGrande Asset Hotels & Property PCL、当社の3社協業で高級分譲マンション「ハイドヘリテイジトンロー」「リバーサイドプロジェクト(仮称)」を建設・販売中です。

 PF社 は1985年に戸建分譲会社として発足。30年以上にわたって「Happy Living」をコンセプトに、人々の生活を豊かにする高品質にこだわった商品を提供しています。

 また同社は北海道で、スキーやアクティビティで有名なキロロリゾートを所有しており、日本での不動産開発事業にも積極的に取り組んでいます。

 当社は米豪の住宅・不動産事業において、年間米国10,000戸、豪州3,000戸の販売体制の確立を目指しています。アジア圏ではPF社グループを含めた現地パートナーと長期的な関係を強化し、米豪に次ぐ第3のエリアとして事業領域を拡げることで、海外事業の収益基盤を強化します。


事業概要

名 称

LAKE Forestry (仮称)

所 在 地

タイ王国 パトゥムターニ県

総 戸 数

約1,400戸

敷 地 面 積

5つのプロジェクトの総面積約52ヘクタール

構 造・階 数

プレキャスト鉄筋コンクリート造、地上2階建て

(店舗併設型タウンハウスの階数は検討中)

間 取 り

3ベットルーム~4ベットルーム

延べ床面積

110㎡~230㎡ 

平均分譲価格

162千USドル

工 期

2019年~2027年 予定

販 売 開 始

2020年 予定

■地 図

Property Perfect(PF)社について

会社名

Property Perfect PCL (1993年タイ証券取引所上場)

所在地

タイ王国 バンコク市 Rama Ix通り100/1  Vorasombatビル

設立

1985年

代表者

Dr. Thanong Bidaya (Chairman)

事業内容

戸建住宅事業、分譲不動産事業、収益不動産事業等、不動産事業全般

従業員数

1,102名 (2018年12月時点)



以上

≪リリースに関するお問い合わせ≫

住友林業株式会社

コーポレート・コミュニケーション部 大西・橋本

TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報