ニュースリリース(2020年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2020年01月17日

賃貸住宅「Forest Maison CARRÉ(フォレストメゾン・カレ)」発売
末永く、街の誇りになるデザイナーズ賃貸住宅

 住友林業株式会社(社長:市川晃、本社:東京都千代田区)は17日、賃貸住宅「フォレストメゾン」シリーズの新商品「Forest Maison CARRÉ (フォレストメゾン・カレ)」を発売しました。都市の街並みに馴染み、スタイリッシュでスマートな外観を備えた集合住宅です。建物のデザイン性を高めたデザイナーズ賃貸住宅のラインアップを強化しています。サステナブルな素材の木の建物が道行く人の目をひく個性を備えながら、末永く、街に、暮らしに調和することを目指しました。凛とした四角形の美しさが際立つデザインは、水平と垂直を強調したスクエアなフォルムが陰影を生み、時間により、季節により建物の豊かな表情を演出します。

 建物はメンテナンスコストを抑えたLS30仕様、設計・建設性能評価を取得して30年保証としました。住む人にとっては快適に長く住み続けることができ、オーナーにとっては将来にわたり高い資産価値を維持し続けます。入居者に人気の高いWiFi環境、宅配ボックスを標準装備し、安心・安全・快適な暮らしを提供する賃貸住宅です。

  *LS30仕様:屋根、外壁等高い耐久性を持つ外装材を設定したオリジナル仕様

■商品概要

商品名

Forest Maison CARRÉ
(フォレストメゾン・カレ)

発売日

2020年1月17日

販売エリア

全国(沖縄を除く)

プラン

自由設計

初年度販売目標

200棟

本体価格

3.3㎡あたり62万円~(税抜き)メゾネットタイプ


■商品特徴

1. 街並みに調和するスタイリッシュな外観デザイン

 商品名の「カレ」はフランス語で「四角」「広場」の意味を表します。外観デザインの基本は「Vertical(バーチカル)」「Box(ボックス)」「Roof (ルーフ)」の3種類。スクエアをベースとし水平と垂直のラインがすっきりと際立つ個性的な建物です。

「Vertical」 軒のラインと装飾部材で水平と垂直を強調した重厚感のある普遍的なデザインです

「Box」 キュービック(箱)型のデザインで、外壁の凹凸がつくる彫の深い陰影が建物の存在感を強調します

「Roof」 戸建て住宅の趣を持つ深い軒が落ちついた外観をつくります



2. 住む人の満足を高める設備、仕様を装備

 本商品は単身世帯、ファミリー世帯ともに人気の設備のWiFi環境、宅配ボックスを標準仕様で装備しています。入居者にとっては利便性が向上し、効率的かつ快適な暮らしが楽しめます。賃貸住宅のオーナーにとっては物件の付加価値を高める装備となります。

 外観のデザインに合わせたエクステリアのエントランスサイン(門柱デザイン)を設定し、街並みに合わせて提案します。水平と垂直をモチーフに木調タイプ、石張りタイプを用意。建物と合わせて「Forest Maison CARRÉ 」のイメージをつくり、入居者の快適な暮らしを支えます。


3. 長期安定の賃貸経営を実現する安心サポート

  • 将来を見据えた30年保証

構造躯体と防水性能についても30年保証を実施。20年目の定期点検で、当社が指定の有料のメンテナンス工事を当社の施工で実施した場合には、構造躯体と防水性能をさらに10年保証するというサポートシステムです。(構造躯体によって定期巡回と保証の内容は異なります。)

  • LS30仕様で長く建物の価値を維持

建物を長く美しく堅牢に保つために重要なのが屋根や外壁等の外装材です。LS(Long Support)30仕様は、30年の耐久性部材を使用したオリジナルの高耐候仕様となり、特殊な表面塗装で汚れをつきにくくし、紫外線や風雨、ほこりなどの汚れに耐えます。建物外観の美しさを保ち長期にわたり資産価値を維持します。

  • 安定した賃貸経営のための30年一括借り上げシステム

住友林業のグループ会社で賃貸管理にあたる住友林業レジデンシャル㈱が、建物所有者より賃貸住宅を一括して借り上げ、入居者に転貸するシステムを用意しています。オーナーにとっては空き室リスクを軽減でき、賃貸経営に伴う入退去時の手続きや家賃の集金業務などの管理の手間を解消し、長期にわたり安定した賃貸経営が可能です。

 

 当社は1691年の創業以来、森林経営、木材・建材の流通・製造、国内外での住宅事業、非住宅分野での建築事業、介護事業など森を育て木を活かし人々の暮らしに関わる事業を展開してきました。木は適切な管理を継続すれば、永遠に再生可能な資源です。持続可能な社会の構築、地球温暖化対策への関心が高まる昨今、森林の荒廃などの課題を解決するため木材の循環利用への関心が高まっています。建築後もCO2を炭素として固定し続ける木造住宅がそれら課題解決につながります。長く住み続けられる家が街並みを美しく保つ、住友林業のデザイナーズ賃貸住宅の誕生です。

 

以上

《本件に関するお問い合わせ先

住友林業株式会社 

コーポレート・コミュニケーション部 佐藤・河村

TEL:03-3214-2271

企業・IR・CSR情報