ニュースリリース(2020年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2020年08月21日

第14回キッズデザイン賞受賞
~安全性とインテリア性を兼ね備えた「スチール製階段用オープン手摺セット」~

 住友林業株式会社(社長:光吉 敏郎 本社:東京都千代田区)とグループ会社の住友林業クレスト株式会社(社長:町野 良治 本社:愛知県名古屋市)が共同で開発した「スチール製階段用オープン手摺セット」が、「第14回キッズデザイン賞」(主催:特定非営利活動法人キッズデザイン協議会、後援:経済産業省、内閣府、消費者庁)を受賞しましたのでお知らせします。



 応募総数は390点で、その内237点が選出されました。当社グループは2009年以降11回目の受賞となります。住友林業グループは今後も子どもの健やかな成長につながる安全・安心な商品開発に努め、家族の暮らしに合わせた快適な住まいを提案してまいります。


<受賞内容>

 

■子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門

 スチール製階段用オープン手摺セット/住友林業(株)、住友林業クレスト㈱

片側がオープンになっている階段のためのスチール製階段手摺セットで、必要に応じて手摺セットの上下に専用金具を取り付け、安全ネットを固定することで簡易に転落防止対策ができる商品です。横桟(よこざん)の間隔が広い階段手摺はインテリア性が高く、風や光を遮らない利点がありますが、桟の隙間からのすり抜けやよじ登りにより子どもの転落のおそれもあります。このため全体の意匠性を損なわず耐衝撃性能に優れ、子どもの成長や家族構成の変化により脱着が可能な専用金具とネットをあわせて開発しました。安心と安全のロングライフ設計であり、ブラックのスチールと直接手が触れるオークやウォルナットなど銘木のコントラストが美しい、インテリア性も兼ね備えた階段手摺セットです。



■横桟の間隔が広い階段手摺で考えられる危険

<キッズデザイン賞概要>  

 キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・サービス・空間・活動・研究の中から優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的とした顕彰制度です。受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められます。

以上

≪本件に関するお問い合わせ先≫

住友林業株式会社 コーポレート・コミュニケーション部 平川・佐藤

TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報