海外住宅・不動産事業

各国の社会や地域の人々に貢献しながら、収益源の多様化と新規エリアの進出を推進

2003年に米国での住宅事業を開始して以来、有望な成長マーケットへの新規参入を積極的に進め、現在は米国・豪州・アジア地域で事業を展開しています。これらの地域において、戸建住宅事業だけでなく幅広い領域の事業を展開することで収益基盤の安定化と多角化を進めています。

米国

米国ではシアトルにおいて2003年より分譲住宅の販売を開始し、以降、アメリカ独自の住文化や風土、建築工法を大切にしながら、 現地の有力ビルダーの持分取得などを通じて高品質な木造住宅を供給しています。

住宅分譲事業

綿密な市場調査を行うことでより実需に基づく住宅市場の成長が期待できるエリアを見極め、「住宅分譲事業」を展開しています。

宅地開発事業

戸建用地を開発・造成する宅地開発事業を行っています。土地の取得から造成工事までを一貫して行い、高品質な完成宅地を供給しています。

総合不動産開発事業
(集合住宅・商業施設等)

賃貸用集合住宅、商業複合施設、物流施設等、の開発を行い、各エリアの需要に合わせた様々な施設の開発事業を通じて地域の社会と暮らしを支えています。

豪州

豪州では2008年に合弁会社を設立し、分譲住宅の建設・販売を開始しました。
長期的な人口増加が見込まれるオーストラリアで、価格帯の異なる複数のブランドを用いて事業展開することで幅広い層の方々に住宅を提供しています。

アジア

アジアでは、分譲マンション開発事業や戸建分譲事業に現地企業と共同で取り組んでいます。また、中国で住宅CAD業務を中心にBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の受託事業を行っており各国住宅事業における業務の効率化と品質向上の一端を担っています。

タイ

マンション開発
戸建分譲開発

ベトナム

マンション開発

インドネシア

戸建分譲開発
複合開発

香港

マンション開発

中国

BPO受託事業