ニュースリリース(2007年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2007年1月19日

木の住まいの最新技術、安心・安全の家づくりを体感
2月3日(土)、4日(日)「住まい博 2007 IN TOKYO」開催

住友林業株式会社(社長:矢野 龍 本社:東京都千代田区丸の内1丁目8番1号)は、平成19年2月3日(土)、4日(日)の2日間、住まいづくりのあれこれを体験できる博覧会「住まい博 2007 IN TOKYO」を開催いたします。

木や住まいについて目で見て直接触れて頂く「住まい博」は、「住友林業の家」に使用している各種部材や設備、構造などを一挙に展示する体験型博覧会として、東京・大阪・名古屋の各地域で毎年開催しています。今回の東京会場では、「やさしさは、森の贈り物~地球にやさしい家づくり~」をテーマに、木造住宅事業で培ってきた技術力、グループの総合力を集大成した家づくりを体感いただける会場として、2階建と3階建の実物大構造実棟、住友林業の設計力を実感頂く各種展示を行います。

主力商品である「MyForest」は、木造住宅事業で培ってきた技術力、総合力を集大成した環境共生住宅です。本商品は当社独自のマルチバランス構法を採用しており、「国産檜」に統一した土台と柱、オリジナル耐力面材「クロスパネル」を使用した強い壁で支える「パワードウォール工法」、剛床パネルを使用した剛い床で支える「パワードフロア工法」によって実現する強い構造躯体を、「見て」「触れて」体感ください。

また、「MyForest-プラウディオBF」は、国内初の「木質梁勝ちラーメン構造」となる3階建て商品です。通し柱を必要としない梁勝ちラーメン構造のため、従来の一般的な住宅に比べると空間を隔てる壁が少なくてすみ、大きな窓や開放的な室内空間の確保、住む人のニーズや、家族のライフサイクルに応じた将来の大規模な間取りの変更などにも対応可能です。さらに、2006年10月、社)木造住宅産業協会が木造軸組工法の耐火構造の国土交通大臣認定を取得、これを活用した住友林業の耐火構造仕様についてもご紹介します。良質な資産としても価値ある住宅であり、安心・安全に永く住み続けることのできる住まいを提案します。2棟の実物大構造躯体を通して、展示場では見ることのできない当社建物の構造、耐震性能、強さの仕組みをご確認ください。

木の質感・風合いを活かした当社ならではの室内空間コーナー、当社で家を建築されたお客様に家づくりの体験を語っていただく体験談コーナー、当社建築士がプラン作成を実演するプランプレゼンテーションコーナーなど見どころ満載です。シンボルキャラクター「きこりん」が、当社のサステナブル(持続可能)な取り組みを紹介するブースも登場。そのほか、不動産相談、ご家族のライフスタイルにあわせたリフォーム提案、アパートやマンションなどの土地活用提案、住まいのお手入れ方法実演、そして庭木・緑のお手入れなど、住友林業グループの総合力を結集した博覧会です。

地球規模での環境問題への関心が高まっている昨今、これからは住宅においても環境負荷を最小限に抑えることが求められています。木材資源の有効利用、国産材の利用の促進、太陽・風などの自然エネルギーを上手に活用した住まい方など、当社ならではの環境共生住宅の取り組みをご紹介します。木の温もりあふれる住まいを見て、触れて、感じて頂きながら、木造注文住宅ならではの自由な設計で、住む人のご要望にお応えする住友林業の家づくりをご体験ください。

< 記 >
  ■日時

平成19年 2月3日(土)、4日(日)

2月3日(土):10:00~17:00
2月4日(日):10:00~16:30(入場は16:00まで)

  ■同時開催 インテリアフェア 家具の展示販売も行っております。
      その他イベント 大工さんによる工作教室やキッズパークなど親子で楽しめるイベントもあります。
     

ご家族そろってお出かけください。

  ■会場

東京ビッグサイト 西1・2ホール(有明・東京国際展示場)
所在地:東京都江東区有明3-21-1

<アクセス>
・りんかい線 国際展示場駅下車 徒歩約7分
・ゆりかもめ 国際展示場正門駅下車 徒歩約3分
・水上バス 有明客船バスターミナル下船 徒歩約2分

  ■お問合せ先 住友林業株式会社住宅本部 
TEL:0120-217-555
《『住友林業の家』ホームページ》http://sfc.jp/ie
2006年の住まい博東京 会場内
<2006年の住まい博東京 会場内>

以上
<本件に関するお問い合わせは、下記までお願い致します。>
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 佐野、佐藤
TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報