ニュースリリース(2019年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2019年12月18日

豪州3,000戸販売体制の構築へ向けて
西オーストラリア州住宅事業会社の持分取得に関するお知らせ
~国内住宅会社初のパース進出~

 住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は、豪州の子会社であるSumitomo Forestry Australia Pty Ltd. (社長:野本 康一 本社:豪州ビクトリア州メルボルン 住友林業(株)100%出資)を通じて、豪州西オーストラリア州(以下WA州)において住宅事業を展開するScott Park Group Pty Ltd. (スコット・パーク グループ 以下、Scott Parkグループ)の持分51%取得に関する契約を締結し、本日当該持分の取得を完了しましたのでお知らせします。

 

 今回持分を取得したScott Parkグループは、豪州第4の都市パースを中心にWA州において注文住宅を年間約600戸※1供給しています。住宅着工数は同州第5位に相当する規模です。同社は2006年に設立し、競争の激しいWA州住宅市場で品質への強いこだわりとお客様の立場に寄り添ったサービスを追求することで大手ビルダーへと成長しました。

 

 WA州は鉄鉱石の他にLNG、金、レアアースといった豊かな天然資源に恵まれたエリアで、近年はインフラ投資や医療、教育など資源以外の産業振興にも力を入れており、安定的な経済成長・雇用拡大が期待されます。また、海外移民に支えられた長期的な人口増加が予測されており、豪州における有望な住宅市場の一つとなっています。

 

 当社は豪州東部エリアにおいて、Henley Properties GroupとWisdom Properties Groupの2社で住宅事業を展開してきました。この度の持分取得により豪州西部エリアに初進出し、全豪におけるネットワークの拡大を実現することにより3社体制のもとでシナジー効果を高めていきます。これに伴い、当社グループの豪州における年間販売棟数は3,000戸に迫り、戸建住宅着工数は豪州第2位※2に相当する規模となります。また、豪州と米国を合わせた年間販売戸数10,000戸体制も盤石なものになります。

 

住友林業グループは今後も地域ごとの文化や暮らしを考え、地域社会への貢献と快適な住環境の実現に寄与する事業を積極的に展開していきます。

※1:2019年6月期引渡ベース

※2:HIA(豪州住宅産業協会)によるビルダー別着工戸数ランキング(2019年6月期)

 

■ Scott Park Group Pty Ltd. 会社概要

商号

Scott Park Group Pty Ltd

代表者

Scott Park (Managing Director)

本社所在地

豪州WA州オズボーンパーク

設立

2006年

事業内容

WA州において注文住宅事業を展開

従業員数

267人 (2019年11月末時点)

売上高(2019年6月実績)

AUD159百万(約118億円)

※1AUD=74.25円(2019年12月2日の為替レートで計算)

 

 

【ご参考】

■ 住友林業 豪州住宅事業展開MAP

 

■ Scott Parkグループ 商品イメージ(外観・内観) 

Scott Parkグループは3つのブランドで住宅事業を展開。メインブランドであるRedink Homesは、お客様の希望を反映してプラン変更を可能な限り受け入れており、ブランド名は図面に変更のために書き入れる赤字(Red ink)に由来しています。この他、住替え層向けに2階建てを中心とした住宅を提供する101(ワンオーワン) Residential、一次取得者向けに価格を抑えた住宅を提供するB1(ビーワン) Homesを展開することで、幅広いお客様のニーズに対応しています。

 

<Redink Homes>

 <101 Residential >

 <B1 Homes>

以上

《本件に関するお問い合わせ先

住友林業株式会社 

コーポレート・コミュニケーション部 橋本・河村

TEL:03-3214-2271

企業・IR・CSR情報