ニュースリリース(2012年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2012年5月18日

施設栽培による林業用苗木の大量生産施設として国内最大規模!
~環境制御型の苗木生産施設を開設~
苗木生産の近代化による国内林業の活性化に向けて

住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)および住友林業フォレストサービス株式会社(社長:倉光 二朗 本社:東京都新宿区 以下、フォレストサービス)は、宮崎県日向市にあるフォレストサービス東郷樹木育種センター(以下、東郷苗畑)において、温室2棟・作業棟1棟で構成される「環境制御型苗木生産施設」を開設しましたので、お知らせいたします。

本施設により、通年での苗木生産・出荷が可能となり、大幅な苗木生産量増大を実現できるとともに従業員の労働環境や作業効率の向上、苗木生産コストの低減に繋げてまいります。

近年の国内における山林事業の低迷が続く中、伐採技術はもとより苗木生産の近代化や育林作業の効率化、再生産可能な木質資源の有効活用までを見据え、住友林業グループでは国内林業の活性化に向けて取り組んでいく方針です。

1.本施設の特長

① 東郷苗畑におけるスギ挿し木※1苗生産は、従来は露地育苗により、約7万本/年であったのに対し、本施設により温度や湿度を制御することで、通年での生産が可能となり、およそ3倍の約20万本/年もの生産が実現できます。住友林業社有林では1993年から2006年まで非皆伐施業を行なってまいりましたが、伐期を迎え本格的な皆伐施業※2に移行していくためには、優良な苗木を大量かつ廉価に生産するシステムが不可欠であり、当初は九州社有林向けに生産を行う予定です。

② 苗畑での露地育苗は、一般的に植栽時期が春先に限定されてしまいますが、本施設において専用の育苗容器を使用したコンテナ苗木※3と呼ばれる土付き苗木の生産をすることで、厳冬期以外の通年での植栽が可能になり、労働力の平準化が図れます。

③ 温度・湿度の最適管理はもとより、一人でも1500本以上のコンテナ苗木を載せた育苗用の専用台(ベンチ)を移動できる「ムービングベンチ方式」を採用することで、労働環境の改善と作業効率の向上につながります。

④ 通年にわたる大量生産と作業の効率化により稼働率の高い施設運用を行うことで、挿し木苗の販売単価を低減することが可能となります。

⑤ 九州各地で約1000個体ものスギのDNAを採取して分析し、将来的には、植栽する土地条件に適した挿し木苗を計画的に生産できるよう、DNAのデータベース化および採穂園※4の整備を実施していきます。今後も森林造成に適した苗木の規格・植栽の時期や方法について追及していきます。

※1 挿し木:植物の枝や茎を切り取り、土に挿して発根させることで植物を増やす手法。優良な品種をクローン増殖する事が可能。

※2 当社では、自然環境にも配慮して小面積皆伐を実施しています。

※3 コンテナ苗木:育苗用培土を入れた専用の育苗容器で生産された土付き苗。従来の裸苗に比べて通年植栽が可能。また、複数個をトレイ状にセットすることで移動作業の軽減化が可能。

※4 採穂園:優良個体の実用種苗として挿し木でクローン化した苗を大量生産するために、挿し木用の穂木(挿し穂)を生産する専用の樹木園

2.主な設備


採穂園の様子。各台木はDNA分析によりクローン管理されている。


右から挿し付けなどの作業を行う「作業棟」、加温設備ありの「温室」、加温設備なしの「温室」(2つで1棟)。


育苗用培土に挿し付けしたコンテナ苗木。専用トレイにセットし、ベンチに載せて育苗する。育苗段階に合わせて、苗木の間隔を変えることが可能。


苗木を設置。下部2本のパイプは温水を循環させる加温設備、上部から吊り下げられた器材は温湿度を調節するミスト用ノズル。


「ムービングベンチ方式」におけるベンチを移動するためのカート。これに載せて温室間や屋外の順化場所に一人でも移動が可能。加温設備ありの温室~加温設備なしの温室~屋外順化場所という流れの3か所でそれぞれ一定期間育苗し、計12か月で出荷が可能となる。


カートから屋外順化場所へのベンチ移動も一人で可能。少しの力で移動可能であり、全ての作業をベンチ上で立って行えるので、労働負荷が少なく、作業効率も向上する。


3.施設の概要

建設地 宮崎県日向市東郷町山陰辛645-15  住友林業フォレストサービス(株)東郷樹木育種センター内
面積 作業棟:145m2、温室:385m2(1棟あたり)、屋外順化施設:845m2
生産品目 スギ挿し木苗

<住友林業フォレストサービスについて>

住友林業が国内4箇所で保有する社有林の管理のほか、国内林業における森林資源のカスケード利用促進、持続可能な森林の造成によって林業の効率化を実現・実行しています。また、国産材原木・木材製品の流通を通じ、「住友林業の家」をはじめ、一般の住宅に使われる木材商品を多方面へ提供しています。

以上

≪本件に関するお問い合せ先≫

住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 飯塚・池田
TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報