ABOUT MOCCA MOCCAとはABOUT MOCCA MOCCAとは

木化の教育施設

木化の教育施設

木と育む

木に触れる。木の上に寝ころぶ。木に囲まれた空間で遊ぶ。小さな子どもたちは、見るもの、触るもの、そのすべてが成長に大きく関わっています。自然を感じながら成長することほど、素晴らしいものはありません。住友林業のMOCCA(木化)は、自然素材である木の魅力や効果を空間づくりに活かし、子どもたちにとって健やかで心地よく、こころを豊かに育む環境を生み出します。

MOCCAのぬくもり

保育園・幼稚園は、子どもたちが育つ上で大きな影響を与える場。そこで何に触れ、何を感じ、何を体験するかが大切です。
自然素材に囲まれ、ぬくもりを感じる空間は居心地がよく、子どもたちも想像力を発揮して、のびのびと過ごすことができます。

写真:木の床

[木の床って、なぜ気持ちいいんだろう?]

木にぬくもりを感じるのには、ちゃんとした理由があります。木は鉄やコンクリートに比べ熱の伝わり方がゆっくりなので体温が奪われにくいのです。また、自然素材である木はストローを束ねたようなミクロ構造の繊維でできています。そのため、触ったときの肌触りが心地よいという特徴があります。木の種類によってはクッション性もあり、コンクリートなどに比べ足腰への負担を減らします。

MOCCAですこやか

子どもたちが健康に育つことは、すべての保護者の願いです。自然素材である木は、子どもたちにとって良好な環境をつくります。保護者も保育者も、そして子どもたちも安心できる空間で楽しく過ごしながら、いろいろなことを学び、すこやかに育むことができます。

写真:木の床

[健康面で人にいい影響ってどんなところ?]

木は紫外線をよく吸収するとともに光の反射を抑えるので、目にやさしい素材です。音も適度に吸収し、柔らかく響かせるという特徴もあります。また、木は無数の細胞からなり、その中の空気を含んでいます。そのため、コンクリートなどに比べ断熱性に優れ、室内の温度の変化を抑える役割を果たします。抗菌性も備えている木もあり、ダニやカビの繁殖を抑えることもわかっています。

子どもたちを育む感境デザイン

五感がよろこぶ空間を。住友林業のMOCCA(木化)は、自然素材である木で魅力あふれる空間をつくり、
子どもたちの五感とからだを育みます。

子どもたちを育む感境デザイン

五感をからだを育む空間提案。

MOCCA(木化)の提案する空間。それは、子どもたちの五感を育む空間です。
木の魅力をふんだんに活かし、五感を育むように工夫することで、からだとこころが健康的に発達していくように園全体をデザインします。また、自然とのふれあいの中からいろいろなことを学べる「ハグくみの庭」も提案。
子どもたちの発達にとって大切な空間をつくり、からだとこころの豊かな成長へとつなげます。

木の心地よさを感じながら。

木の心地よさを感じながら。

足から伝わる自然素材のぬくもり。
心地よい感触が子どもたちの五感を育みます。

緑とふれあいながら

緑とふれあいながら

かけまわったり、寝ころんだり。
自然とふれあいながら成長をうながします。

イラスト

PAGE TOP