ニュースリリース(2009年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2009年9月14日

「DJSI World(Dow Jones Sustainability World Indexes)」に
5年連続で採用されました
~ Home Construction Sector(住宅建設部門)における
セクター・リーダーにも選定 ~

住友林業株式会社(本社:東京都千代田区大手町1丁目3番2号、社長:矢野 龍)は、世界的なSRIインデックスのひとつである、「DJSI World (Dow Jones Sustainability World Indexes)」対象銘柄に5年連続で採用されました。また、今回の採用では、Home Construction Sector(住宅建設部門)におけるセクター・リーダーに初めて選定されましたので、併せてお知らせいたします。

SRIインデックスとは、企業の財務面だけでなく、社会的責任(CSR)を投資決定の重要な判断要素とする社会的責任投資の指標であり、その代表的なインデックスである「DJSI World」の銘柄は毎年9月に見直しが行なわれ、今回は世界の企業から317社(うち日本企業は32社)が採用されています。

当社は「DJSI World」をはじめとする3種のSRIインデックスの銘柄に採用されており、こうした評価は「社会的信頼度と健全な財務内容を併せ持ち、長期にわたり持続可能な企業の証」とされ、その成長を世界中の投資家から注目されることになります。

1691年の創業からサステナブルな山林事業の精神を礎に、総合住生活関連事業をグローバルに展開しながら、あらゆる地域の「環境」・「社会」・「経済」の発展に本業で貢献していく、という企業方針のもと、2008年12月には国連の「グローバル・コンパクト」※にも参加しています。このような持続可能な社会実現に向けた本業でのグローバルな取組みが今回の採用につながったと考えております。

国連「グローバル・コンパクト」について
1999年1月ダボスで開催された世界経済フォーラムにおいてアナン国連事務総長(当時)が提唱し、翌2000年7月26日にニューヨークの国連本部で正式に発足した企業の自主行動原則。参加する企業は「人権、労働、環境、腐敗防止」に関する4分野10原則を支持し、自発的に実践することが求められます。当社においても、「グローバル・コンパクト原則の積極的な経営への反映と発信」、「年次活動報告(COPS)の提出」を毎年実施していきます。

以上
≪お問合せ先≫
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 松家
TEL:03-3214-2270
FAX:03-3214-2272

企業・IR・CSR情報