ニュースリリース(2014年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2014年03月31日

一棟リノベーションマンションブランド
「foRestia(フォレスティア)」本格展開開始

第一弾「フォレスティア芦屋浜町」が竣工

  住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は、一棟リノベーションマンションブランド「foRestia(フォレスティア)」の本格展開を開始し、3月31日にその第一弾となる「フォレスティア芦屋浜町」を竣工いたしましたのでお知らせいたします。

  「フォレスティア」とは、英語で森を意味する「フォレスト」に、ラテン語やギリシャ語で「~の国」を示す接尾辞「~ia」を合わせた造語で、お住まいになる皆さま一人ひとりにとっての王国のような、自分だけの空間を提供することを目指し、一棟リノベーションマンションブランドとして今後継続使用していく予定です。

■一棟リノベーションマンションブランド「フォレスティア」の主な特長

良質なスケルトンの選定と改修 ・既存住宅の住宅性能表示制度の活用
・第三者調査機関による徹底した調査の実施と改修

安心のサポート体制 ・既存住宅売買瑕疵保険の設定
・保証書の発行や一年目の巡回点検など、当社独自のサポート体制

共用部 ・住友林業緑化社や住友林業筑波研究所などの知見を活かした植栽計画
・生活の場として活用できる、周辺環境にも配慮した外構計画
・周辺のまちなみに配慮した外装計画
・省エネルギーへの配慮をはじめとした環境配慮型の設備計画(物件ごとに採用を検討)

専有部 ・シンプルで使いやすいプランと内装デザイン
・生活者のスタイルに合った木質内装デザイン(オプション対応)

  第一弾となる「フォレスティア芦屋浜町」は、芦屋市浜町に位置する賃貸マンションをリノベーションし、分譲マンションとして再販するもので、室内を現代のライフスタイルに合った空間にリノベーションすると共に、住友林業緑化株式会社(社長:徳永 完平 本社:東京都中野区)の知見に基づき、周辺環境と調和する地域性種苗「ハーモニックプランツ※1」を取り入れた中庭空間を設けるなど、専有部分だけでなく共用部分も含めた全体改修を行うことによって資産価値を高めています。

  住友林業グループは、住宅の性能と価値を向上・再生させ次世代への継承するリノベーション事業を「良質な住宅ストックの形成」に資する事業と捉え、当社グループの技術力により建物の長寿命化を図るとともに、環境配慮の側面からも、低炭素・循環型社会の構築に寄与する新たな価値を創出する住まいの提供に向けて取り組んでまいります。

自生している植物の生態系へ悪影響を与える種類を使用しないという方針のもと、植栽計画地の保全レベルを4つのエリア(保護エリア、保全エリア、里山エリア、街区エリア)に区分けし、エリアに応じ生態系への影響を考慮して「地域性系統(種苗)」「自生植物」「栽培品種」を使い分ける、住友林業緑化独自の植栽提案手法

■物件概要

物件名 foRestia(フォレスティア)芦屋浜町
所在地 兵庫県芦屋市浜町9-21
交通 阪神電鉄本線「打出」駅より徒歩8分
構造規模 RC造・地上5階建
総戸数 37戸
販売戸数 先行販売戸数8戸
販売価格 1,920万円 ~3,390万円
専有部面積 55.94m² ~76.53m²
間取り 3DK~3LDK
既存建物完成年月 1987年8月(築26年)
管理会社 住友林業レジデンシャル株式会社
グローバルコミュニティ株式会社

■物件スケジュール

販売開始 2014/1/11
モデルルームオープン 2014/1/11
契約開始 2014/3/23(初契約日)※2
引渡し開始 2014/3/31(初引渡日)※2

※2

中古再販のため、販売開始と同時に契約・引渡し共に可能な状態

以上

<本件に関するお問い合わせ先>
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 森永・飯塚
TEL:03-3214-2270

<物件に関するお問い合わせ先>
「フォレスティア芦屋浜町」現地販売センター
TEL:0120-053-609

企業・IR・CSR情報