ニュースリリース(2014年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2014年04月16日

浜名湖花博2014出展庭園コンテストにて
国土交通大臣賞(最優秀賞)を受賞

  住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)のグループ会社である、住友林業緑化株式会社(社長:徳永 完平 本社:東京都中野区 住友林業(株)100%出資)は、「第31回全国都市緑化しずおかフェア 浜名湖花博2014」出展庭園コンテストにおいて、最優秀賞である国土交通大臣賞を受賞し、4月15日に表彰を受けましたのでお知らせ致します。

■「第31回全国都市緑化しずおかフェア 浜名湖花博2014」出展庭園コンテスト

主催者 静岡県・浜松市・(公財)都市緑化機構
提唱 国土交通省
展示場所 浜名湖ガーデンパーク
展示期間 4月5日(土)~6月15日(日)
出展テーマ 「次代につなぐ創造性あふれる庭」
~伝統的な日本の技・匠の技や革新的な創造性を、次世代に継承する庭園~
応募数 37作品
表彰式 4月15日(火)

■住友林業緑化(株) ガーデンコンテスト出展作品概要

作品タイトル 「みらいの源泉」
森は自然と人がいっしょに生きていく未来につながる。
森、そのすべてがサスティナブル。

  出展テーマである「次代につなぐ独創性」、「花と緑」、「水辺で奏でる未来の暮らし」という言葉から水や光、緑といった豊かな自然の恵みを将来にわたって受け取っていくことの大切さを、五感で感じられる空間を提案。森の木立をイメージしリズミカルに配置された杉角材のシェルターが、周囲の木々の枝葉との美しいコントラストを描きます。

  庭園中で湧き出した3つの泉から流れるせせらぎの水音が空間をやさしく包み込み、自然がもたらす心地よさと、サステナブルな自然の恵みの大切さを感じることのできる空間デザインとしました。

コンテスト主催者評価ポイント

施工技術の高さ、既存の樹木を含めた作品全体のバランスの良さ、庭の前面を杉角材で囲うなどの創意工夫や、デザインの独創性が評価され、今回の受賞となりました。

≪住友林業緑化(株)≫

住友林業緑化(株)は、戸建住宅の外構・造園に関わる緑化提案をはじめ、分譲地や都市での緑化の提案など緑豊かな空間づくりを進めています。住友林業グループでは、森林育成から住宅事業まで総合住生活関連企業として「住生活」に関するあらゆるサービスを通じて、サステナブルな循環型社会の構築に貢献するため、様々な角度から「木」の魅力、「緑」のすばらしさをお伝えしてまいります。

■「第31回全国都市緑化しずおかフェア 浜名湖花博2014」概要

「浜名湖花博」は、日本と静岡県の未来を考えながら、多くの人々の参加と協働により一層豊かなふるさとづくりを目指したもので、10周年目となる今年は、これまでの活動を振り返り、将来にわたってその活動が成長していく契機となるよう、「浜名湖花博10周年記念事業」と「第31回全国都市緑化しずおかフェア」併せて開催されています。

実施主体 浜名湖花博10周年記念事業・第31回全国都市緑化しずおかフェア実行委員会
開催期間 浜名湖ガーデンパーク会場     4月5日(土)~6月15日(日)
はままつフラワーパーク会場  3月21日(祝・金)~6月15日(日)
テーマ 花と緑のオーケストラ ~水辺で奏でる未来の暮らし~
会場 浜名湖ガーデンパーク会場、はままつフラワーパーク会場

以上

【お問い合わせ先】
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 森永・西嶋
TEL:03-3214-2270

住友林業緑化株式会社
TEL:03-6832-2201

企業・IR・CSR情報