ニュースリリース(2014年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2014年08月20日

住友林業グループ「CSRレポート2014」を発行、WEB公開のお知らせ
~ サステナブルな社会の実現に貢献する取り組みを紹介 ~

  住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区大手町)は、サステナブルな社会の実現に向けた当社グループの取り組みや活動をまとめた「CSRレポート2014」を発行し、ホームページに公開しましたので、お知らせいたします。
  住友林業グループは、「再生可能で人と地球にやさしい自然素材である『木』を活かし、『住生活』に関するあらゆるサービスを通じて、豊かな社会の実現に貢献します」という経営理念のもと、グローバルに事業を展開しています。「CSRレポート2014」では、「トップコミットメント」のほか、全体を「経営体制」「社会性報告」「環境報告」の3パートに分け、CSRに関する方針、森林保全や生物多様性保全、社会貢献など、事業を通した社会課題への取り組みなど具体的な活動を網羅的に報告しています。また本レポートは、報告内容およびCSR活動の妥当性、客観性を確認するため、昨年に引き続き、第三者保証を取得しています。
  さらに、幅広いステークホルダーに関心をもっていただくため、様々な社会課題に対する当社グループの特徴的な取り組みを7つのテーマで紹介する「CSR活動ハイライト」をコンテンツとして設け、WEBで公開するほか、冊子も発行しております。

■「CSRレポート2014」概要

・対象期間:2013年4月~2014年3月(一部2014年4月以降の活動と将来の見通しを含みます)
・対象組織:住友林業グループ
・公開方法:住友林業ホームページ( http://sfc.jp/information/society/)にて公開
・第三者保証機関:KPMGあずさサステナビリティ株式会社

■「CSRレポート2014」の活動ハイライトのテーマ

・「グリーンスマート」という提案。
・木から生まれる未来、木化。
・持続可能な木材調達を。
・貴重な森林資源を未来へつなぐ産業植林。
・木の有効活用で、再生可能エネルギーの提供を。
・地域に新たな力を生み出す林業の活性化支援。
・女性がいきいきと働くために。

なお、報告書とは別に、下記に「CSR情報」を公開しています。

・社会貢献活動「富士山まなびの森」 http://sfc.jp/information/manabi/index.html
・ネットライブラリー「住友林業と生物多様性」
     http://sfc.jp/information/society/pdf/sfc_biodiversity2011.pdf
・関連サイト「きこりんの森」 http://kikorin.jp/

以上

【リリースに関するお問い合わせ先】
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 石原・飯塚
TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報