ニュースリリース(2014年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2014年12月16日

~女性の活躍をより一層推進するために~
女性の管理職登用に関する数値目標を策定

  住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は、女性の管理職登用に関する数値目標※1を策定しましたのでお知らせいたします。

  住友林業グループでは、「人間尊重」という行動指針のもと「多様性を尊重し、自由闊達な企業風土をつくる」ことを謳っており、社員一人ひとりの価値観、年齢、性別、国籍や障がいの有無など、さまざまな違いを尊重し、積極的に活かすことで企業競争力につなげる「ダイバーシティ(多様性)経営」を推進しています。また、2013 年 12 月には、女性の活躍をグループ一丸となって推進する姿勢を改めて示す「女性活躍推進宣言※2」を発信し、この宣言に掲げた方針をもとに、さまざまな取り組みを進めています。

  住友林業(株)では、ダイバーシティ経営の一環として「働きかた支援室」を通じキャリアサポートやワーク・ライフ・バランス、育児・介護中の働き方支援、定年後再雇用、障がい者雇用、メンタルヘルスの向上に取り組んでおり、この度、女性のさらなる活躍の推進を目指し、数値目標を策定。女性が働きやすい環境づくりと同時に、社内からの役員輩出を視野に人財の育成強化と管理職への着実な登用を推進し、2020年までに女性管理職比率 5%以上(現在 2.2%)を目指します。また、主な取り組みとしては、管理職に必要な知識習得の為のマネジメント研修への積極的な派遣、「女性目線開発プロジェクト※3」を通じた実践的リーダー育成、社外異業種交流を通じた人的ネットワーク構築支援を掲げています。

  住友林業グループは、今後も女性の働きやすい環境を整え、女性の活躍を推進する取組を進めてまいります。

※1   本目標は、日本経済団体連合会のホームページにおいても「女性役員・管理職登用に関する行動計画」として公開されています。
 
※2   以下の 3 つの方針を宣言。
  1.女性が働きやすい環境を創出する
  2.女性ならではの発想力を活かす
  3.女性の活躍で、新たなイノベーションを創り出す
 
※3   女性の視点を商品開発やサービスなどに活かすことでより快適で心地よい生活提案を行うことを目的にした組織横断のプロジェクト。

以上

《本件に関するお問い合わせ先》
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 森永・飯塚
TEL:03-3214-2270

企業・IR・CSR情報