木化事業における製品安全・品質管理に関する基本方針

住友林業は、商業施設や公共施設など住宅以外の分野でも幅広く木造化・木質化を提案する「木化事業」を推進しています。建築市場開発部の木化事業では、建築物の木造化・木質化を通して、利用者への健康配慮、安全、安心及び高品質の建築物を提供し、お客様の期待にこたえるため、2015年9月にISO9001を取得しました。この国際規格に基づき、品質方針を下記のとおり制定しています。各施工現場では、この品質方針に沿って具体的な品質目標と展開活動計画を策定し、安全性の維持・品質の向上に取り組んでいます。

 

品質方針

木を愛する組織として、建築物の木造化・木質化を通して、人への健康、安心、安全及び高品質の建築物を一貫して提供することがお客様の幸福を実現する道であり、以下のことに取り組む。

  1. 継続的改善とお客様満足の向上
    規格要求事項への適合及びお客様の要求事項を満たすことはもとより、品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善すると共に、品質パフォーマンスを高めてお客様の満足向上に取り組む。
  2. 法令の順守
    建築物の設計及び施工に関係して、適用される法令及び当社が同意するその他の要求事項を熟知し、順守する。
  3. 方針の取り組み
    この品質方針を具体的に推進するために、品質目標を設定し、定期的に達成度を評価して見直しをする。
  4. 教育・訓練
    この品質方針を建築市場開発部内で働く木化事業に携わる従業員及び当社のために働く要員が理解し、行動できるように教育・訓練を行い、周知する。
  5. 方針の公開
    この品質方針は、住宅・建築事業本部建築市場開発部のWEBサイトを通して外部に公開する。

ページの先頭へ戻る

木化事業における製品安全・品質管理体制

建築市場開発部の木化事業では、品質方針のもとで品質管理体制を整備し、厳密な工程管理体制を構築しています。

また、ISO9001で設定された品質マネジメントシステムのPDCAサイクルを回していくために、内部監査を施工現場で年に2回実施しています。

より良い品質の施工を提供することにより、ウッドデザイン賞やグッドデザイン賞を受賞するなど外部から高い評価をいただいています。

ページの先頭へ戻る

企業・IR・CSR情報