ニュースリリース(2010年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2010年9月15日

「DJSI (Dow Jones Sustainability Indexes) World」に6年連続で採用

住友林業株式会社(本社:東京都千代田区大手町1丁目3番2号、社長:市川 晃)は、世界的なSRIインデックスである、「DJSI (Dow Jones Sustainability Indexes) World」に6年連続で継続採用されましたのでお知らせいたします。

「DJSI World」は、世界の企業約2500社を対象に、「経済」「環境」「社会」の3つの側面からそれぞれの業種ごとに評価・分析し対象銘柄が選定されます。今回は世界の企業から318社(うち日本企業は30社)が選出されています。当社は2005年9月から6年連続で採用されており、「Home Construction Sector(住宅建設部門)」では、唯一の選出企業となりました。

SRIインデックスとは、企業の財務面だけでなく、社会的責任(CSR)についても投資判断要素とする社会的責任投資の指標です。SRIインデックスの銘柄に採用されることは「社会的信頼度と健全な財務内容を併せ持ち、長期にわたり持続可能な企業の証」とされ、投資家から注目されることになります。

当社は、1691年の創業からサステナブルな山林事業の精神を礎に、総合住生活関連事業をグローバルに展開しながら、あらゆる地域の「環境」・「社会」・「経済」の発展に本業で貢献していくという企業方針のもと、事業を展開するすべての地域社会とともに発展していくことを目指し、更なる企業価値の向上を図ってまいります。

 
【住友林業が採用されているSRI指標】
Dow Jones Sustainability Indexes(DJSI World )

ダウ・ジョーンズ工業平均株価(ダウ平均)で有名な「ダウ・ジョーンズ社」(アメリカ)と、企業のサステナビリティ評価を行う調査・格付け会社「SAM(Sustainable Asset Management)社」(スイス)が、1999 年に共同で創設した世界的なSRI株価指標である。評価項目は「経済」「環境」「社会」の3側面から構成される。
FTSE4Good Global Index
 
FTSE4Goodは、英国の金融紙「フィナンシャル・タイムズ社」と「ロンドン証券取引所」の共同出資会社である「FTSE(Financial Times Stock Exchange)」によって2001年に作成された指数である。評価項目は、主に環境、気候変動、人権、サプライ・チェーン、贈収賄防止の組入れ基準から構成されている。当社は2004年9月から7年連続で、構成銘柄として採用されている。
モーニングスター社会的責任投資株価指数(MS-SRI)
 
投資情報サービスを提供する「モーニングスター株式会社」が、2003年にNPO法人「パブリックリソースセンター」と共同で開発した国内初のSRI指数である。「ガバナンス/アカウンタビリティ」「マーケット」「雇用」「社会貢献」「環境」の5分野における企業の取り組みを評価する。
当社は2008年9月から3年連続で、構成銘柄として採用されている。

以上
≪お問合せ先≫
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 松家
TEL:03-3214-2270
FAX:03-3214-2272

企業・IR・CSR情報