ニュースリリース(2010年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2010年11月1日

第48回 技能五輪全国大会 建築大工職種部門
金賞・銀賞・銅賞の3賞を受賞!
~ 6年連続で住友林業ホームエンジニアリング(株)出場全選手が入賞 ~

住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区大手町)のグループ会社である住友林業ホームエンジニアリング株式会社(社長:小林 哲也 本社:東京都新宿区西新宿 住友林業(株)100%出資/以下 ホームエンジニアリング)は、10月22日から神奈川県横浜市で開催された第48回技能五輪全国大会において、建築大工職種部門で金賞、銀賞、銅賞、敢闘賞を受賞しましたのでお知らせ致します。各職種中最多の82名の選手が出場した建築大工職種において、ホームエンジニアリングからは社員5名が出場しました。金・銀・銅賞の3賞受賞は昨年の第47回大会に続く2年連続の快挙であり、出場選手全員の入賞は6年連続となります。

第48回技能五輪全国大会
<建築大工の部> 金賞 森 翔太(もり しょうた) (兵庫事業部 姫路センター)
銀賞 品川 裕秋(しながわ ひろあき) (神奈川事業部 神奈川センター)
銅賞 松谷 怜英(まつや りょうえい) (千葉事業部 千葉センター)
敢闘賞   池田 健太(いけだ けんた) (四国事業所 新居浜センター)
敢闘賞 圓山 達也(まるやま たつや) (兵庫事業部 姫路センター)

 

本大会では、39職種約1000名の満23歳以下の技能者が都道府県を代表して出場し、その技能を競い合いました。ホームエンジニアリングより出場した5名の社員は、住友林業建築技術専門校(校長:北村重義 千葉県四街道市)での学びと日々の努力を積み重ね、今回の受賞に至りました。

今回の大会は、2011年10月にロンドンで開催される第41回技能五輪国際大会の予選会も兼ねており、金賞を受賞した森翔太社員は海外の建築大工技能者と世界レベルでその技能を競うこととなります。ホームエンジニアリングの社員の国際大会での実績としては、1999年カナダ・モントリオール大会(第35回)で6位入賞、2007年に日本で開催された静岡大会(第39回)では銀賞を受賞しています。

住友林業建築技術専門校(校長:北村重義 千葉県四街道市)は、「住友林業の家」を施工する技能者養成を目的として昭和63年に開設した企業内訓練校です。「心・技・体 バランスのとれた技能者の養成」を訓練理念とし、1年間で建築技能者として必要な基礎知識と技能をバランスよく訓練し習得するカリキュラムを特長としています。伝統的な木造軸組み工法の承継から、最新技術を取り入れた木造住宅施工まで次世代を担う技能者の養成に努めています。建築技術専門校の課程終了後は、ホームエンジニアリングの社員技能者として「住友林業の家」の建築施工に携わり、高い技術に基づく「住友林業の家」の構造躯体をつくり、安心・安全の家づくりを進めていきます。


以上
≪お問合せ先≫
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 大屋・佐藤
TEL:03-3214-2270
FAX:03-3214-2272

企業・IR・CSR情報