ニュースリリース(2010年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2010年12月1日

~住友林業社有林の四季、生命の息吹を表現~
「2011年 オリジナルカレンダー“森の息吹”」を 20名様にプレゼント
応募締め切り:平成22年12月12日
【応募は締め切らせて頂きました。たくさんのご応募をありがとうございました。】

住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)は、当社社有林の自然な姿を収めた2011年オリジナルカレンダー“森の息吹”を制作し、20名の方々にプレゼントすることといたしましたので、お知らせます。

「森の息吹」
森は命の源であり、様々な生命を育み、豊かな恵みで、私たちを潤してくれています。
住友林業の森で撮影された自然の四季、動物・植物の息づいている写真を通じて、支えあう命のつながり、自然や生命の大切さを表現しました。
年齢や性別を問わず、一人でも多くの方に、このメッセージを受け取っていただきたいという願いを込めて制作したカレンダーです。

当社は、創業以来300年あまりの歴史の中で、「森」を育てることによって、「木」の素晴らしさと自然の恵みの大切さを学んで参りました。本カレンダーでは、北海道・和歌山・四国・九州に広がる約42,600ヘクタール(国土の約1/900)の住友林業社有林の四季を収録しています。また、デザインを一新し、従来に比べ見易さと実用性を重視することで使い勝手を向上させており、梱包用の封筒も「ペーパークラフト型のカレンダー」として利用でき、職場や家庭で楽しめるよう工夫をしております。

当社は平成18年9月、天然林と人工林が混在する森をまとまった面積で所有管理し、施業計画、長期計画など持続可能な森林を目指す適正な管理が評価され、全社有林で日本独自の森林認証制度である「SGEC(緑の循環認証会議)」の認証を一括取得しました。また、平成23年は国連「国際森林年」であり、森林資源への注目は益々高まると予測されます。本カレンダーでは、適正に管理されている当社社有林における「四季折々の森の風景や、その中で育まれる多様な生き物」をモチーフとし、生命の源である森の魅力や当社が“本業で環境と共生している企業”であることを訴求しています。

住友林業グループでは今後も、「再生可能で人と地球にやさしい自然素材である『木』を活かし、『住生活』に関するあらゆるサービスを通じて豊かな社会の実現に貢献する」企業姿勢のもと、サステナブルな社会の実現にむけ取り組みを続けてまいります。

 

プレゼント概要  
  プレゼント内容 住友林業オリジナル 社有林カレンダー“森の息吹”
体裁 A3サイズ 全14ページ(中綴じ)
横279mm×縦420mm(使用時)
  プレゼント数 20名(応募者多数の場合は、抽選)
  応募方法 インターネットにて受付
  応募について 応募は締め切らせて頂きました。
たくさんのご応募をありがとうございました。
住友林業株式会社 2011年版カレンダー
《住友林業株式会社 2011年版カレンダー》

以上
≪本件に関するお問い合わせ先≫
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 玉上(たまがみ)、太細(だざい)
TEL:03-3214-2271
FAX:03-3214-2272

企業・IR・CSR情報