Vol.84 木の設計

Vol.84 木の設計
木を活かすことは、木を知ることでした。
木を活かすことは、木を知ることでした。
建築に用いる木、調度品に適した木、その風合いと肌触り。
木のは、それぞれの特性があるから。
心地よく、美しく、そして住むほどに味わいを増す家づくりは、
その特性を活かしてはじめて、かなえることができます。
ご家族の大好きな木の特性を考慮し、使い方や組み合わせ、
デザインの工夫を施していく…。

ご家族の夢と建築士の知識や経験が重なってかたちになった、
木の魅力が活きるお宅を、ご紹介いたします。
K邸 森と、木と、ふれあって暮らす家
K邸
森と、木と、ふれあって暮らす家
森と向かい合うような、広々としたリビング。緑が目に飛び込んでくる大きな開口部は、それぞれが幅1間半ものサイズです。しかも緑だけではなく、「山並みのうえに広がるきれいな夕焼け空を眺めると、気持ちも落ち着きますね」と、奥さま。
実例詳細を見る
THE WORKS 受け継がれ、語り継がれる邸宅を

お近くの展示場で、ぜひ木の風合いをお確かめください。

来場予約もできます

展示場を探す / 来場予約

家づくりイベントを探す