森と溶岩台地が生んだデザイン。
様式を超え、風景に溶け込む

森と一体になる外観

森と一体になる外観

シンプルな屋根にすっきりとした軒、さらに黒い屋根瓦や外壁で周囲の自然林に溶け込むような外観としています。

溶岩石をアクセントに使った玄関ホール

玄関土間には黒い御影石を使用。
正面の壁には溶岩石を張りました。
一枚の板を選ぶところから製作が始まる
名作イス「コノイドベンチ」が玄関ホールを引き立てます。
溶岩石をアクセントに使った玄関ホール

質感の豊かな素材を楽しむホール

和室の前に設けたくつろぎのスペース。
床は表面に凹凸を残した“なぐり調仕上げ”のオーク。
ほんのり赤い砂利に陶板をあしらった渡り廊下で
リビングへアプローチします。
質感の豊かな素材を楽しむホール
森の眺めをインテリアに取り込む和室

森の眺めをインテリアに取り込む和室

独立して設けた和室は葦(よし)天井の落ち着いた空間。森を眺める大きな窓が四季折々の景色を絵のように切り取ります。
森の緑が目の前に大きく広がるダイニング

森の緑が目の前に大きく広がるダイニング

大きな開口部を二面に設けたダイニング。
溶岩台地のイメージに合わせ、床はグレーのタイル仕上げです。奥の窓の外にはドッグランがあります。
格子戸で独立させることもできるダイニング

格子戸で独立させることもできるダイニング

ダイニングとリビングは格子戸で仕切ることができます。この戸は愛犬をリビング側に入れないための工夫でもあります。
リビングの奥にも森の眺めが広がります。
室内の延長でくつろぐウッドデッキ

室内の延長でくつろぐウッドデッキ

ウッドデッキは、室内の床と同じ高さで続き、また、リビングとの間は全開口型のサッシとしているので、
室内の延長で気軽にアウトドアを楽しむことができます。
森の自然を間近に楽しむウッドデッキ

森の自然を間近に楽しむウッドデッキ

深い軒の下に大きなウッドデッキを設けました。敷地にもともとあった起伏を、一部築山として残し、隣家からの視線を遮っています。

ヒノキの注ぎ口で源泉を楽しむ浴室

浴槽は十和田石、温泉の注ぎ口と浴槽の縁はヒノキで仕上げました。
黒いタイルが落ち着いた雰囲気をつくります。
ヒノキの注ぎ口で源泉を楽しむ浴室

お近くの展示場で、ぜひ木の風合いをお確かめください。

来場予約もできます

展示場を探す / 来場予約

家づくりイベントを探す