ニュースリリース(2010年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2010年10月29日

住友林業クレストの一部事業譲渡(売却)に関するお知らせ
~合板製造事業を担う小松島工場(徳島県)を株式会社日新に売却~

住友林業株式会社(社長:市川 晃、本社:東京都千代田区大手町一丁目3番2号 以下、住友林業)の100%子会社である住友林業クレスト株式会社(社長:安田 敏男、本社:愛知県名古屋市中区錦三丁目10番33号 以下、住友林業クレスト)は、平成23年4月1日付で、合板製造事業を担う小松島工場を合板製造国内大手の株式会社日新(社長:又賀 航一 本社:鳥取県境港市西工業団地100)に売却することを決定しましたのでお知らせします。

1. 事業売却の理由
 

住友林業クレストの小松島工場は、住友林業グループの中で、原木素材から製品を生み出す唯一の国内工場として、昭和39年のスミリン合板工業(株)(平成13年に合併して住友林業クレストの小松島工場に改称)設立以来、重要な役割を果たしてきました。また、国産材を積極活用するなど、地元徳島県、小松島市とも長年良好な関係を築いてきており、地元密着の事業として地域経済に貢献して参りました。

しかし、新設住宅着工戸数や公共工事が減少し競争が激化する中、住友林業グループは合板事業への関わり方を見直し、今後は合板の原材料である原木の安定供給を行うとともに、新たな用途開発など流通を通して市場拡大を進めていくことを決断しました。それに伴い、小松島工場は合板製造国内大手で数多くの実績を持つ株式会社日新に事業売却することで、小松島における国産材合板製造事業の発展を図ることと致しました。

株式会社日新とは、今後も小松島工場を含む合板製造において、原材料供給や製品仕入からマーケティング・商品開発に至る迄、一層の協力関係を築くことで、互いの経営効率化を進めてまいります。

2. スケジュール
  平成22年10月29日   住友林業、住友林業クレスト及び株式会社日新の各取締役会における決議を経て事業譲渡契約締結
平成23年2月28日 小松島工場の合板生産休止
平成23年4月1日 事業譲渡
3. 譲渡事業の概要
  住友林業クレストの小松島工場における合板製造事業
4. 住友林業クレスト小松島工場の概要
  名称 住友林業クレスト株式会社 小松島工場
  所在地 徳島県小松島市横須町5-38
  主な事業内容 合板製造事業
  敷地面積 59,597.53㎡
  生産数量 6,800立方メートル/月 (34万枚/月)
  売上高 5,955百万円(平成22年3月期)
  従業員数 147人(平成22年10月1日現在/契約社員、パート含む)
  沿革 (S39.3) 住友林業の合板製造子会社としてスミリン合板工業(株)設立
    (H13.4) スミリン合板工業(株)を含む住友林業グループの建材製造子会社4社が合併して住友林業クレスト誕生
5. 株式会社日新の会社概要
  商号 株式会社日新
  本社所在地 鳥取県境港市西工業団地100
  社長 又賀 航一
  設立 平成10年9月24日
  資本金の額 30百万円
  売上高 10,000百万円(平成22年3月期)
  生産品目  針葉樹構造用合板、長尺構造用合板、構造用LVL、輸入・加工製品販売
  生産数量  15,000立方メートル/月
  従業員数  240名
  日新グループ  日新グループは鳥取県と島根県を拠点として、合板製造、山林経営(S-GEC),原木輸入、住宅資材販売等を行う売上高500億円の企業グループ。株式会社日新のほか日新林業(株)、湖北ベニヤ㈱、島根合板(株)、新平成木材(株)、(株)木ノ道、島根県合板(協)、(財)田部謝恩財団などからなる。

以上
≪本件に関するお問い合わせ先≫
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 松家・大屋
TEL:03-3214-2270
FAX:03-3214-2272

企業・IR・CSR情報