ニュースリリース(2010年)

ニュースリリース一覧へ戻る

2010年12月22日

自社J-VERを活用して排出するCO2をオフセット
東京・大阪・名古屋で住友林業「住まい博 2011」開催
~ 住まいに関する最新技術、グループ総合力を結集した家づくり博覧会 ~

住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区大手町1丁目3番2号)は、平成23年1月から2月にかけ、東京・大阪・名古屋の3大都市圏で、『まるごと体感! 人と地球にやさしい家づくり』を共通テーマとして、住まいづくりのあれこれを体験できる博覧会「住まい博 2011」を開催しますのでお知らせいたします。
今回の住まい博では、各会場で排出されるCO2を自社社有林で取得したオフセット・クレジット(J-VER)※を活用し、オフセットする取り組みを実施いたします。

 

「住まい博 2011」開催スケジュール
  東京会場 1月22日(土)、23日(日) 幕張メッセ 5・6ホール 10:00~17:00(23日は16:30まで)
千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
  大阪会場 2月5日(土)、6日(日) 京セラドーム大阪 10:00~18:00(6日は17:00まで)
大阪府大阪市西区千代崎3-中2-1
  名古屋会場 2月12日(土)、13日(日)  ポートメッセなごや 10:00~17:00
愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2

(最終入場時間は各会場により異なります)

 
「住まい博」について
 

木や住まいについて目で見て直接触れて、住友林業の家づくりを知っていただく「住まい博」は、「住友林業の家」の強固な構造躯体や設計手法、各種部材や設備などを一挙に展示する体験型博覧会として、東京・大阪・名古屋の3大都市圏を中心に開催してまいりました。

平成19年秋からは、「住友林業の家」をより身近に感じていただくために、地域単位でも地域密着型の「住まい博」を開催しており、全国各地で住まいづくりを体感できるイベントとして定着しています。今年4月以降は、全国16拠点で地域密着型の「住まい博」を開催いたしました。

今回開催する東京・大阪・名古屋の会場では、「まるごと体感! 人と地球にやさしい家づくり」を共通テーマとして、木造注文住宅における住友林業の最新の技術力、グループの総合力を集大成した家づくりを体感いただけます。当社独自の構法である「ビッグフレーム構法」の実物大構造実棟とその強さをリアルに感じていただける3Dシアター、家庭のエネルギー利用の効率化をめざすスマートハウスなど、住まいづくりの最新のノウハウを盛り込んでいます。

また新たな取り組みとして、設営から開催期間、撤去までに各会場で使用する電気・ガス・水道によって排出されるCO2相当量(約50トンと予測)を、自社社有林で取得したJ-VERを活用し、オフセットする取り組みを実施いたします。

 

≪J-VER制度とは≫

※当社は、環境省が推進するオフセット・クレジット(J-VER)制度の「持続可能な森林経営促進型プロジェクト」において、昨年7月、宮崎県山瀬地区の社有林を対象とした「住友林業株式会社 社有林管理プロジェクトⅠ」が「持続可能な森林経営促進型」の第1号として登録されました。今回の取り組みは、自社のオフセット・クレジット(J-VER)を活用し、事業活動におけるCO2排出量を削減することを決定したものです。

 
環境配慮住宅への取り組み
 

今年10月には「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10名古屋会議)」が開催され、「生物多様性交流フェア」も併催されました。当社は「交流フェア」に出展するとともにフォーラムを開催し、事業を通じて行う環境配慮の取り組みについて情報発信いたしました。

「交流フェア」来場者の環境に対する関心は非常に高く、住宅においても環境負荷を最小限に抑えることが求められています。今回の「住まい博」では、木材資源の有効利用、国産材利用の促進、太陽・風・緑などの自然エネルギーを上手に活用した住まい方、子や孫の世代へ永きにわたり住み継ぐ住まいなど、当社ならではの環境配慮の木の家づくりの取り組みを紹介します。

例えば、スマートハウスコーナーでは、太陽光発電システムや家庭用燃料電池、家庭用蓄電池などのアクティブ技術と、自然エネルギーを活用するパッシブ技術とを融合した、省エネルギーに配慮した家づくりについて、実棟により実演を交えて解説します。

さらに、当社グループが昨年から始めた、お客さまと地域社会と事業を環境共生の考え方でつなぐ「Project EARTH(プロジェクト アース)」の一つの取り組みであるインドネシアでの植林活動により、当社の年間約1万棟の注文住宅、分譲住宅全棟の主要構造材すべてを対象として、木の伐採から建築施工までの工程で排出されるCO2全量相当を吸収する独自のカーボン・オフセットの取り組みについても紹介します。来年平成23年は国連の定める「国際森林年」にあたり、当社が行う持続可能な森林経営の取り組みについて積極的に情報発信してまいります。

 
その他見どころ
 

さまざまな樹種を活用した当社ならではの木質感あふれる空間提案コーナー、当社建築士の実演プレゼンテーションにより多彩な設計力を実感できるコーナーなど、住まいづくりを体感できるコーナーを随所に設けており、見どころ満載です。また子ども向けには、楽しく遊べるキッズコーナーや家づくりの一部を体験できる特別コーナーなども用意しています。

また、「住友林業の家」のオーナーの皆さまを対象としたオーナーサロンを設け、住まいのお手入れや、庭木・緑のお手入れセミナーや相談会を開催するほか、住まいに関するさまざまな情報を発信する当社独自のオーナー専用サイト「clubforest(クラブフォレスト)」の紹介や入会案内を行い、ゆっくりとくつろぎ、楽しみながら、住友林業グループの最新情報を提供する空間としています。そのほか、ご家族のライフスタイルにあわせて柔軟な対応が可能なリフォーム提案、アパートやマンションなどの土地活用提案、庭の植栽や外構工事の提案など、住友林業グループの総合力を結集した安心・安全の家づくりを体感ください。

 
 

<展示ブース概要>

会社紹介/テクノロジー/外装・内装・設備提案
プラン実演/住宅ローン相談/お手入れコーナー
土地活用/移住・住替え/リフォーム/エクステリア
キッズコーナー /等 (会場により一部異なります。)

 

<お問合せ先>

住友林業株式会社  住宅事業本部
フリーダイヤル 0120-21-7555
《『住友林業の家』ホームページ》
http://sfc.jp/ie


<平成21年 東京会場の様子>
 

以上
≪本件に関するお問い合せは、下記にお願いいたします。≫
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室 大屋・服部
TEL:03-3214-2270
FAX:03-3214-2272

企業・IR・CSR情報