戸建住宅

住宅ローン選択のポイント

住宅ローン金利のタイプ

住宅ローンの金利は大きく分けると、返済期間を通じて金利が変わらない固定金利型と定期的に金利が見直される変動金利型があります。さらに変動金利型には、借入後一定期間、金利が固定される固定金利選択型があります。
現在の低金利では、一般的には、固定金利よりも変動金利のほうが当初の返済額は少なく出来ます。但し将来金利が上がった場合は、金利負担も当然アップします。
ここでは、こうしたメリット・デメリットを比較しながら、3つの金利タイプの違いを見ていきましょう。

固定金利型

固定金利型

当初確定した金利が返済期間中変わらないタイプです。代表的なのは住宅金融支援機構のフラット35です。返済額が変動しないので、ライフプラン合った返済計画をたてるのに適しています。変動金利に比べて金利は高く設定されています。

メリット 低金利時に借りれば完済まで低金利のメリットが続く。返済額が増えないので生活設計に安心感があります。
デメリット 他のタイプより契約時の金利が高めで、当初の返済負担は固定金利選択型の短期固定などより多めになります。

変動金利型

変動金利型

市場金利に連動して年2回金利が見直されるタイプが一般的。返済開始後にベースとなる市中金利が上がると住宅ローンの金利も上がります。
金利が上がると返済額も増える・・ここが変動金利の重要点です。

メリット 完全固定型や固定期間の長い固定期間選択型より、契約当初の金利が低くなります。
デメリット 金利が上昇すると、返済しても元金の減りが鈍くなり、大幅上昇すると元金が全く減らないこともあります。

ここがポイント

変動金利の返済額は、5年ごとに見直されます。但し金利見直し後の返済額は見直し前の25%以上にはならないというルールがあります。
変動金利は、一見金利が低く有利なようにみえますが、こうした点もよく考えて利用しましょう。

固定金利選択型

固定金利選択型

固定金利選択型は、変動金利をベースに3年、5年などの一定期間、適用金利を固定するタイプのローンです。固定金利期間は、契約時に決めますが、返済開始 後は、固定期間が満了した時点で、次の期間も金利を固定するか否かを選択します。金利の固定を選択しない場合は、以降は変動金利になりますが、いつでも固 定金利選択型に戻すことができるタイプが一般的です。

メリット 2年固定、3年固定など、固定期間が短いほど金利が低く、当初の返済負担が抑えられる。
デメリット 固定期間が短いと、期間終了後の元金が多く残るため、金利上昇時は返済額アップのリスクが大きい。

ここがポイント

固定金利選択型では、固定金利適用期間中は市中金利が変動しても適用金利は変わりません。但し固定金利の適用期間が満了した時は、そこから新しい金利での返済額に変わる事に注意してください。
金利上昇のリスクを考えておかなくてはならないという意味では、変動金利方式と同じと考えておくべきですね。
また、固定金利適用期間中は変動金利等、他の金利タイプへの変更はできません。固定期間を決める際には、その点も考慮する必要があります。

住宅ローン金利のタイプ

金融機関で住宅ローンを検討する場合、金融機関によっては店頭基準金利から一定の金利を優遇する、優遇金利制度を実施している場合があります。優遇金利制度には一般的には、次の2つのタイプがあります。

全期間金利優遇型
「全期間1.0%金利優遇」など、住宅ローン返済が終わるまで、同じ金利の優遇が適用されます。
当初金利優遇型
「当初3年間1.7%優遇 以降0.4%優遇」など、住宅ローンの返済開始後の一定期間(当初金利優遇期間)は高い優遇金利が適用されますが、以降は、返済が終わるまで、当初よりも低い金利の優遇が適用されます。

金融機関によって優遇制度の内容には違いがありますので、色々比較して検討しましょう。

v
R
Ȏ̏
ynEȊOɕKvȏp
Z[Ĩ|Cg
ԍόv
Z[̌
̑̒m
J^O͂炩
vɊւ邨⍇͂炩
vpW
悭邲