住友林業 >注文住宅・一戸建て住宅(ハウスメーカー) >マイホーム購入のための資金計画 >

60歳以上の人が利用できるリバースモーゲージ型住宅ローン【リ・バース60】

コラム

60歳以上の人が利用できるリバースモーゲージ型住宅ローン【リ・バース60】

民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している住宅ローンには、【フラット35】や【フラット35】(子育て支援型)、【フラット35】(地域活性型)、【フラット35】(リフォーム一体型)など住宅ローンを利用する人の特性に応じて、タイプの異なる住宅ローン商品があります。
今回はその中の一つで、原則60歳以上の人が、新たに住宅の購入やリフォームをする場合に利用できるリバースモーゲージ型住宅ローン商品の【リ・バース60】を取上げてみました。

我が国では今後、総人口に占める高齢者の割合が増加する一方で、労働力の要である現役世代の減少が顕著になることが予想されます。
高齢者が増加することで、これまでに無かったシニア層のニーズが健在化し、新たなサポートの必要性が高まっています。
このようなことを背景に、シニア向けの金融商品に注目が集まっています。その一つがリバースモーゲージ型住宅ローンです。

リバースモーゲージ型住宅ローンとは、住宅ローンの返済期間中は利息のみを支払い、元金は住宅ローンを借りている人が亡くなったときに、相続人が担保物件(住宅及び土地)の売却などで一括返済をする仕組みの住宅ローン商品です。

住宅金融支援機構の【リ・バース60】は、このリバースモーゲージ型住宅ローンに「住宅融資保険」を付けることで、相続人がすぐに一括返済ができない場合でも、金融機関は住宅金融支援機構から先に保険金が支払われるので、リバースモーゲージ特有の長生きによる担保価値の下落リスクを回避できる仕組みが付いています。

1.【リ・バース60】は次のような様々な住宅資金使途に利用できます。

  • 住宅の建築(建て替え)、マンション・戸建住宅購入(住み替え)の資金
  • リフォームの資金
  • セカンドハウスを建築・購入する資金
  • 「サービス付高齢者向け住宅」の入居一時金
  • 住宅ローンの借換資金
  • 子供世帯が入居する住宅の取得資金を借り入れるための資金

2.【リ・バース60】を利用できる年齢と融資額の条件

利用可能な人は満60歳以上で、融資可能額は、担保評価額の50%または60%ですが、50歳以上60歳未満の人でも、融資限度額が担保評価額の30%までという条件を満たしていれば利用することができます。
※長期優良住宅の場合で年齢が60歳以上のときは担保評価額の55%または65%までの融資が可能になります。

ただし、資金使途により5,000万円または、1,500万円の融資上限があります。

3.使用使途ごとの利用条件

  • 「リフォーム資金」の融資額は、リフォーム資金の100%に相当する金額範囲内です。
  • 「サービス付高齢者向け住宅」の入居一時金の融資限度額は、入居一時金に相当する金額の範囲内です。
    「サービス付高齢者向け住宅」に住み替える前の住宅の利用方法は次のいずれかです。
    1. 空き家にする。
    2. 3年以内の定期貸家契約で賃貸にする。
    3. 親族に使用賃貸する。
  • 「住宅ローンの借換資金」の融資上限は、建築資金または、購入資金が5,000万円、リフォーム資金が1,500万円で、既存の住宅ローンの残高以内が条件です。
  • 子供世帯が入居する住宅の取得資金を借り入れるための資金は、利用をする本人の子か孫(直系ひ属)が対象で融資額の上限は5,000万円、子供世帯が居住する住宅の取得資金の範囲内です。

4.リコース型とノンリコース型

リバースモーゲージ型住宅ローンの元金は、融資を受けている人が亡くなった後に担保物件の売却などで一括返済をする仕組みですが、担保物件の売却代金が残債額よりも少ない場合の金融機関から相続人への請求方法は次のどちらかになります。

  1. リコース型:残債務を請求する。
  2. ノンリコース型:残債務は請求しない。

今回のテーマは、住宅金融支援機構の【リ・バース60】でした。60歳以上で次のようなプランをお考えの方は参考にしてください。

■古くなった自宅をリフォームしたいが、手元にお金は残しておきたい。
■子供が独立して広い家が不要になったので建替えをしたい。
■高齢を考えて、住みやすい街に引越しをしたい。
■毎月の住宅ローンの返済額を減らしたい。
■サービス付の高齢者向け住宅に引っ越しをしたいが入居一時金の負担が大きい。
■子供や孫が住宅を購入する際に資金面で援助をしたいが、手元資金が心配。

平成30年6月時点で【リ・バース60】の取り扱いをしている金融機関は37金融機関です。
なお、住友林業株式会社と提携をしている日本住宅ローン株式会社は【リ・バース60】の取扱金融機関です。

【リ・バース60】の利用条件等をさらに詳しく知りたい方は、住宅金融支援機構のホームページもご覧ください。
https://www.jhf.go.jp/loan/yushi/info/yushihoken_revmo/index.html

資金計画
コラム
自己資金の準備
土地・建物以外に必要な諸費用
住宅ローン選択のポイント
返済計画
住宅ローンの見直し
その他の知識
カタログ請求はこちらから
資金計画に関するお問合せはこちらから
資金計画用語集
よくあるご質問