戸建住宅

その他の知識

住宅ローン控除

「住宅ローン控除」とは、住宅ローンを借りて家を買うと、所得税の一部が控除される制度のことです。

住宅ローン控除のポイント

  • 住宅ローンを利用し2020年12月までに入居した場合は、13年間、毎年の所得税から所定の金額が控除されます。
    その年の所得税から控除しきれない額は、個人住民税から控除できます。
  • 【1~10年目】

    • 住宅ローンの年末残高の1%が毎年の所得税から控除されます。
      最大控除額は、一般住宅の場合は10年間で400万円、認定住宅の場合は10年間で500万円となります。

    【11~13年目】

    • 次のいずれか少ない額が所得税から控除されます。
      • 住宅ローンの年末残高の1%
        ※年末残高の上限は、一般住宅が4,000万円、認定住宅が5,000万円
      • 住宅の建物価格(税抜)の2%の1/3
  • 住宅ローンを利用し2021年1月以降2021年12月までに入居した場合は10年間、住宅ローンの年末残高の1%が毎年の所得税から控除されます。
    ※年末残高の上限は、一般住宅が4,000万円、認定住宅が5,000万円
    その年の所得税から控除しきれない額は、個人住民税から控除できます。

最大控除額は、一般住宅の場合は、10年間で400万円、認定住宅の場合は、10年間で500万円となります。

一般住宅の場合
居住年 控除期間 住宅ローンの年末残高限度額 控除率 最大控除額
2014年
1月~3月
10年 2,000万円 1% 200万円
2014年4月~
2019年9月
10年 4,000万円 1% 400万円
2019年10月~
2020年12月
1~10年 4,000万円 1% 400万円
11~13年 次のいずれか少ない額が最大控除額
  • 住宅ローンの年末残高の1%
    (年末残高限度額 5,000万円)
  • 住宅の建物価格(税抜)の2%の1/3
2021年1月~
2021年12月
10年 4,000万円 1% 400万円
認定住宅の場合
居住年 控除期間 住宅ローンの年末残高限度額 控除率 最大控除額
2014年
1月~3月
10年 3,000万円 1% 300万円
2014年4月~
2019年9月
10年 5,000万円 1% 500万円
2019年10月~
2020年12月
1~10年 5,000万円 1% 500万円
11~13年 次のいずれか少ない額が最大控除額
  • 住宅ローンの年末残高の1%
    (年末残高限度額 5,000万円)
  • 住宅の建物価格(税抜)の2%の1/3
2021年1月~
2021年12月
10年 4,000万円 1% 400万円
  • 住宅ローン控除を受ける為には、住宅と本人の両方に一定の条件を満たす必要があります。
  • 住宅ローンの適用を受けるには、各年末においてローンの返済期間が10年以上あること、ローンの全額が、住宅の購入、新築・増改築に充てられるものであることが条件です。

もっと知りたい

住宅ローン控除を受ける為のその他の条件

  • 床面積50㎡以上
  • 既存住宅は築後20年以内(耐火住宅は25年以内)
  • 増改築費用は100万円を超えること
  • 増改築後の床面積は50㎡以上
  • 住居を新築した日から6ヶ月以内に入居して、控除を受ける年の年末までに引き続き居住していること
  • 控除を受ける年の合計所得が3000万円以下であること

ここがポイント

夫婦や親子で住宅を共有名義にして、それぞれがローンを分担している場合は、その持分に応じて、各自がローン控除を受けられます。

住宅ローン控除を受ける為には、確定申告します。申告に必要な書類を揃えて、入居の翌年の3月15日までに申告をします。但し還付申告の時効は5年です。サラリーマンの場合は2年目以降は税務署から送付される書類と金融機関のローン残高証明書を年末調整の時に会社に提出すれば大丈夫です。

資金計画
コラム
自己資金の準備
土地・建物以外に必要な諸費用
住宅ローン選択のポイント
返済計画
住宅ローンの見直し
その他の知識
カタログ請求はこちらから
資金計画に関するお問合せはこちらから
資金計画用語集
よくあるご質問